30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

ロングヘアー女性の抜け毛はショートより悪化する?

      2019/01/15

b1ロングヘア女性の抜け毛はショートヘアよりも多いと言う意見が多いです。

実はこれは錯覚です。

たまにたくさん抜けたように感じるのは「抜け毛が増える季節」の「春」と「秋」。

春と秋は動物も毛の生え変わる時期で、人間も「自然脱毛」が多くなる季節なのです。

これはヘアサイクル&自然サイクルに関係しているので、抜け毛が増えても特別な理由がない以上は驚かなくて大丈夫です◎

「髪の長さで抜け毛の量が違うんだって!」という噂

ショートヘアとロングヘアで抜ける毛の量が違うと言う噂です。

しかし、
「成長期」→「退行、休止期」→「脱毛期」
というヘアサイクルは髪の長さで変わることはありません!!

 

因みに、日本人の髪の毛は平均的に約10万本生えていると言われており、ヘアサイクルが一周するのには約4~6年ほどかかります。
毛根ひとつひとつでヘアサイクルが異なるため、髪の毛全部が一気に抜け落ちることはありません。

では何故このような噂が立ってしまうのでしょうか?
何か理由があるのでは??

ロングヘアよりショートヘアの方が抜け毛が少ない?

髪の長さで抜ける髪の毛の量が違うという噂の中で
「ロングヘアよりショートヘアの方が抜け毛が少ない」というのがあります。

何故そう感じる人が多いのでしょうか?

ロングヘアは抜け毛が目立つ

まずシンプルに考えてみましょう!

ロングヘアの方が髪の毛がたくさん抜けているように思うのは
長い髪のほうが抜けて落ちていると目につきやすいから」です。

短い髪は床や洗面台に落ちていても目立ちにくく、その短さから存在感があまりありません。

一方で長い髪だと一本抜け落ちていただけでも短い髪の何本分もの量があるように感じます。

短い髪と長い髪が同じ量抜けていても、必然的に長い髪のほうが多く抜け落ちているように見えてしまうのです!

ロングヘアは絡まりやすいので

シンプルに考えてみて思い当たるものは他にもあります!

ショートヘアの場合、毛足の短さから髪の毛同士が絡み合うことがありません。

その為、抜けた髪が生えている他の髪に絡まって頭に残る…という現象も起こりにくい。

 

しかしロングヘアの場合はどうでしょう?
長い髪だと他の髪に絡まって頭に残ることは頻繁に起こります。

抜けているはずの髪の毛が生えている他の髪の毛に絡まって留まるため、シャンプーやブラッシングの時などにゴソッと取れたように感じるのです!

 

すると「やだ!抜け毛がすごい!!」とロングヘア女子の方は勘違いしてしまうのことがあるのです!

 

 

先程も少し書いたように「髪の長さの違いでヘアサイクルは変わりません」

よってショートヘアにしたからといって抜け毛の量が減ることはないのです。

ロングヘアならではの特徴が抜け毛に関係している

ロングヘアの人で抜け毛が多く感じるのなら
それは上に書いたような事や「ロングヘアならではの特徴」が関係しています。

例えば…

※髪の毛が長いとヘアケアが行き届かない事が多く、髪の毛や頭皮にダメージが溜まりやすい!
※長い髪は洗いにくいため、洗髪の際に洗い残しやすすぎ残しが発生しやすく頭皮環境が悪化する場合がある!
※ブラッシングや洗髪の時に長い髪が引っかかって生えている髪が抜ける時があり、その時に毛根にダメージが加わる!
※髪の毛を乾かすのに時間がかかってしまうため、髪の毛に熱ダメージが過剰にかかるケースがある!
※乾かし残しなど髪が濡れた状態が続くと、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなり頭皮環境が悪化する!
※髪の毛が長いとそれだけ髪全体が重たくなるので、毛穴や毛根に大きな負担がかかっている!

以上のような「ロングヘアならではの特徴」
によって起こるヘアトラブルのせいで抜け毛に繋がることがあるのです。

 

これらは全てヘアサイクルとは関係のない抜け毛です!

ヘアトラブルやダメージによる抜け毛がロングヘアのほうが増えやすい可能性がある…ということです。

ショートヘアでも毎日髪の毛は抜けていますが、手を抜かない限り上記のようなことがロングヘアの人より起こりにくいだけ。

もちろんショートヘアでもケアを怠ると同じようなヘアトラブルは起こります。

逆にショートヘアにはこんな良い特徴があります…

*毛足が短いので頭皮を清潔に保つことができ、髪の毛が綺麗になりやすい!
*洗髪がしやすいので、頭皮や髪の毛にシャンプーの成分が残りにくい!
*髪の毛同士が絡まることが少ないので、毛根に負担がかかりにくい!
*髪の毛が短いのでドライヤーで乾かす時間が短くなり、熱ダメージを負いにくくなる!
*頭皮までドライヤーの風が届きやすいので乾きやすく、頭皮環境の管理がしやすくなり雑菌の繁殖率が低い!
*シャンプーが1プッシュで済み経済的で、短い髪故に泡立ちやすく髪に優しく出来る!

などです。

 

ショートヘアだからと言って抜け毛の量が減るのではなく、様々な理由から今回取り上げたような噂が広がったのでしょう!

 

ロングヘアだからこそ起こる頭皮や髪の毛への負担…。
ショートヘアだからこそ回避できる問題…。

これを踏まえて計算した結果「ショートヘアの方が抜け毛の量が少ない」と言われているのでしょう。

実際そんな研究結果もあるようですが、ヘアサイクルとはまた別の問題です。

女性の抜け毛を減らす方法(ショートヘア、ロングヘア2つの視点にて)

ロングヘア女性
ショートヘア女性

両方の抜け毛を減らす方法をまとめておきますね。

☆ロングヘア女子の抜け毛を減らす方法☆

ロングヘアの抜け毛を減らす方法から解説しますね。

ロングヘアの人もショートヘアと同じようにブラッシング、シャンプー、ドライヤーは正しく行いましょう!

下記の「ショートヘアのステップ①~③」はロングヘア・ショートヘア、どちらでも実践してほしいことです!!

ステップ①~正しいブラッシング

*ブラッシングの効果……
・髪の毛にツヤを出すことができる
・絡まりを防止でき、摩擦を軽減することも可能になる
・髪に付着した汚れを取ることができる

このような素敵な効果が得られるので、ブラッシングは髪の長い短い関係なくして下さいね!

 

それに、シャンプー前にブラッシングをするとあらかじめ髪についた汚れを取ったり浮かせたり出来るのでオススメ。

洗髪の時に髪の毛に汚れが残るというリスクを減らすことが出来るのです!

更に、ブラッシングをすると頭皮の血行が良くなります。

頭皮の血の巡りが良くなるということは、血液に乗って栄養が髪の毛に送られやすくなること…。

すると髪の毛は栄養不足になることなくすくすくと健康に育つことができ、抜け毛予防にも繋がるでしょう!!

 

やり方としては、髪の毛の流れに逆らわず優しくブラッシングすること。

毎日することでその効果はより実感できるようになるでしょう!

オススメのヘアブラシは髪の毛にも頭皮にも優しいとされている「豚毛」などの動物の毛を使った天然素材のヘアブラシです◎

ステップ②~シャンプーを正しく

ブラッシングをしたらシャンプーでしっかりケアしましょう!
シャンプーは汚れを落とすだけの行為ではありません!

「ヘアケア」にも「頭皮ケア」にもなるのです。

ショートヘアだと手を抜きがちですが、どちらも正しくシャンプーして抜け毛予防しましょうね☆


>>あなたの抜け毛タイプを今すぐチェック【女性のみ】


スポンサーリンク






>>【レビュー】抜け毛に40才から【女性用】イクモアをを飲んでみた!!




 

最初に髪の毛を濡らしますが、この行為を「予洗い」と言って実は大切なポイントです。
お湯だけの予洗いを約2分間くらい、時間をかけて行います。

この時、指の腹を使って「頭皮マッサージ」をするように優しく揉みほぐすようにします。

こうすることで頭皮や毛穴に詰まった汚れが浮きてきて落としやすくなります。

更に、温かいお湯とマッサージで頭皮も血行が良くなるのも頭皮環境の改善にも。

 

そしてシャンプー剤は「泡立ててから」使って下さいね!
適量を手にとってそのまま手のひらで泡立てましょう。

泡立ちにくい人は洗顔ネットを使っても大丈夫ですよ◎

泡立てたシャンプー剤で洗うことで、頭皮と髪をゴシゴシしながら泡立てる時におこる無駄な摩擦が起きなくなります!

濡れた髪の毛は弱くなっているので負担を減らすためにも泡立ててから使うほうが良いのです。

 

しっかり洗えたらすすぎ残しがないように、手を抜かず丁寧にすすぎましょう。
予洗いよりも時間をかけてより丁寧にすることがポイントです。
シャンプー剤が残っていると抜け毛の原因になりますからね。

ショートヘアの短い髪を活かせばとても洗髪しやすいと思います!

ステップ③~ドライヤーは間違いやすい

お風呂上がりは熱いからと、頭にタオルを巻き
ドライヤーまで時間をおいてしまうロングヘア女性が多いようです。

しかし自然乾燥は髪の毛の乾燥を早める行為であり、頭皮に雑菌の繁殖を増やすことにも繋がります。

ロングヘアの自然乾燥は特に雑菌が繁殖しやすく
抜け毛などのヘアトラブルになるのでやめましょうね☆

正しく乾かすとドライヤーの熱で髪の中に水分と栄養を閉じ込めることが出来ます。

ロングヘアにドライヤーを使う時の注意点は
「ドライヤーと髪の毛の距離が近くなりやすい」ところ。
毛足が長いので注意しましょう。

 

乾かす前に髪の毛に「洗い流さないトリートメント」を塗布するのは意外と大切です。

それが終わったらドライヤーの温風を地肌から当てて乾かして下さい。

熱が一点に集中するのを防ぐために、手で髪の毛をかき分けながらドライヤーの首も左右に揺らしながら乾かしましょう!

あらかた乾いたら仕上げは「冷風」で行います。

熱を取り除きながらキューティクルを引き締めることができ、髪の毛にツヤが出ます◎

 

ロングヘアだからこそショートヘアの人よりも丁寧に行う必要がある…
是非ポイントに気を付けながら試してみて下さい。

ロングヘアの抜け毛を防ぐドライヤー後のヘアケア

お風呂後の乾かし方にプラスして
ロングヘアさんはヘアケアを念入りにすることが大切です。
もちろん頭皮ケアもです。

そしてロングヘアならではのマイナス面も改善していかなくてはなりません☆

ステップ①~髪の内面からしっかりケア

髪の毛は栄養が届けられるのが遅い場所として有名です。
人の体は「生命維持に欠かせない臓器から優先的に栄養が送られる」というシステムになっています。
そのため、命に直接の関わりがない髪の毛は栄養供給が後回しにされてしまうのです!

髪の毛が長いと尚更、栄養が毛先まで行き届かなくなってしまいますよね?
枝毛や切れ毛、毛先だけに白いポツポツができる、色素が薄くなる…などのヘアトラブルが起きやすく、弱った髪は抜け毛にも影響してきます。

なので、しっかり内面からのケアが必要なのです。

健やかな髪の毛を維持するには頭皮環境、つまり「血液の循環」を良くしておくことが鍵です!
毛球を囲っている「毛細血管」が活発に活動して、そこから血管を通って得た栄養が「毛乳頭」に行き、髪の毛は元気になれるのです!
血の巡りが良くないとイキイキとした髪の毛が育たない…というわけですね。

美しいロングヘアを保とうと思ったら「アミノ酸」を食事で取ることが重要でしょう。
アミノ酸はタンパク質から作られており、髪の毛もまたタンパク質から出来ています。

つまり「タンパク質を含んだ食材」をメニューに加えて、バランス良く食べることがポイントです☆
十分な栄養が確保できれば、髪の毛も健康で太く育ちます。

 ロングヘアだからこそ毛先まで綺麗な健康ヘアを維持することが大切なのですね!!

ステップ②~髪の外側からしっかりケア

内側からのケアと同時進行でして欲しいのが外側からのヘアケアです!
それは先程も書いた「ショートヘアのステップ①~③」を読めば分かると思います◎
もう一度目を通してみて下さいね。

簡単にまとめると……
*髪と頭皮に優しい種類のヘアブラシでブラッシングをする!
*シャンプーは頭皮を意識して正しく行うこと&ロングヘアの人は特に長い髪の毛同士をゴシゴシ擦り合わせないように注意しよう!
*トリートメントで保護した髪をちゃんとドライヤーで乾かしてキューティクルを守ろう!

 

特にロングヘアの人は毛先がとても傷みやすくなっています!!
トリートメントは毛先を中心に塗り広げるようにしましょうね◎

 

ドライヤーの熱も同様で、毛先にはあまり当てないように気を付けながら乾かしましょうね!!

 

シャンプーの時は髪の毛を洗う時にゴシゴシしたりせず、指を髪の毛に優しく通すくらいで大丈夫です!

 

また、ブラッシングの時は絡まりやすい毛先からゆっくりとかしていって下さい!

力任せに頭部からブラシをおろすと、生きている髪の毛を無理やり抜いてしまうことになりかねません。

毛先がほぐれてから徐々に髪の毛全体を優しくブラッシングして下さいね☆

 

洗い流さないトリートメントは保湿効果の高い「ヘアオイル」がオススメです。

⇒⇒ラスティークのヘアオイル・ヘアクリームを35歳主婦が使った感想

コーティング効果も高いのでドライヤーの刺激からキューティクルを保護してくれますよ。
もちろんショートヘアの人でもお使い頂けます♪

 

☆ショートヘア女子の抜け毛を減らす方法☆

ショートヘアの人は様々なメリットからヘアダメージを感じにくくなっています。
そうです、ショートヘアはダメージヘアと無縁というわけではありません。
確かにロングヘアよりもダメージは軽減するかもしれませんが、気を付けないとショートヘアだって髪が傷む要素はたくさんあるのです。

まず、ショートヘアはスタイリングがロングヘアより難しいと言われています。
その為、パーマや縮毛矯正でケアしたり誤魔化したりすることが多くなり、その施術による大きなダメージが髪の毛に溜まります。
ショートヘアにしたらカラーもする人が多いので、その場合は更にダメージが大きくなるでしょう。

それにショートヘアの人は髪の毛の傷みを感じにくいので、ついついヘアケアを怠けてしまいがちに…。
短い髪だとシャンプーもラクなので、きちんと洗えていなくても洗えた気になって手を抜いてしまう…なんてことも。
すぐ乾くからと洗髪後の髪の毛を自然乾燥にしてしまいやすいのもショートヘアさんのデメリットでしょう!

ショートヘアさんはショートヘアならではのケア方法で抜け毛予防しましょう。

ロングヘア女性の抜け毛まとめ

ヘアサイクルは髪の長さで変わることはありません。
よってケアが行き届いていれば抜け毛の量に差は出ないのです!

しかしロングヘアならではの理由から時に多くの髪の毛が抜けてしまうことも…。

長く美しい髪の毛は男性だけでなく女性からも憧れの的。
ヘアトラブルを回避して健やかで綺麗なロングヘアを保ちたいですね!!
もちろん抜け毛トラブルなんて論外です!!

私はショートヘアで私の妹はロングヘアです。
床に髪の毛が落ちているとやはり長い髪の毛は目に付きやすくなりますね。
それにお風呂場の掃除をしていても長い髪はたくさん落ちているように錯覚します。

「最近良く髪の毛が抜ける気がする…」
ロングヘアの女性はこういった悩みをひっそり抱えていたのですね…。

そんな誤解を解いてロングヘアならではのマイナス面を理解した上でケアしていけば抜け毛も減るかもしれませんよ!

ショートヘアにはショートヘアの悩みが、ロングヘアにはロングヘアの悩みがあるものです。
アナタもアナタの髪の毛と上手く付き合っていけるように…抜け毛にこれ以上悩まされないことを祈っています☆

 - 10月, 9月, 夜のヘアケア, 抜け毛 , , ,