30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

くせ毛は遺伝?確率と改善方法

      2017/04/18

0a7b297f010c0ac0e76a560d773e14cd_s
突然ですが、皆さんの髪は直毛ですか?

何故このようなことを聞いたのかと申しますと、ある記事で、

日本人の7割から9割の人はクセ毛です

というのを目にしたからです。

 

え?そんなにクセ毛の人が多かったの?と驚きました!
かく言う私も実はクセ毛なのですが。

 

そんなに多いなら皆さんクセ毛でお悩みなのではないかしら?と思いました。

 

そもそもクセ毛って何なのでしょうか?
何故こんな縮れたりうねったりする毛質になってしまうのでしょうか??

原因は何…???

そんな疑問が浮かんできましたので今回はクセ毛について調べていきましょう!

スポンサーリンク






 

クセ毛って下手したらコンプレックスになったりストレスになったりしますよね?
湿気で広がって爆発ヘアになってしまうことも多々ありますよね。
雨の日や梅雨の時期なんかは毎朝外出が憂鬱になります。

そんなクセ毛女子の悩みの原因を少しでも暴いていきますね!!

くせ毛が遺伝する確率

クセ毛の主な原因は…

*先天的クセ毛の「遺伝」

*後天的クセ毛の「ホルモンバランスの影響」「栄養不足」「頭皮の汚れ、毛穴のつまり」

があります。

 

クセ毛が遺伝する確率ですが、親の片方がクセ毛の場合で70%、両親共にクセ毛なら90%の確率で子供に遺伝します。

 

これってかなりの高確率で遺伝するってことですね。
祖父母がクセ毛の場合でも隔世遺伝でクセ毛が出てくるそうです。

 

どのような遺伝子を受け継いでしまっているかというと、

*毛根の形の歪み
*コルテックスのバランスの乱れ
*シスチン結合のずれ

という3つです。

 

毛根の形の歪み」ですが、直毛の人は毛根がまっすぐしています。
なので綺麗な直毛が生えてくるのです。

 

毛根が歪んでいたら髪の毛はまっすぐに伸びてこれず、歪んだりカーブしたりして生えてきます。
このようにして生えてきた髪の毛は変に曲がったクセがついてしまうのです。

 

根本の歪みの角度が強いほどうねりの強い髪の毛が生えてきてしまうそうです。
何故なら髪の毛は毛根で作られているから。

作りはじめの髪の毛は柔らかいのですが、毛根の形で型がつけられそのまま押し出されてきます。
こうしてクセ毛の形が作られてしまうのです。

コルテックスのバランスの乱れ

「コルテックスのバランスの乱れ」についてですが「コルッテクス」ってそもそも何?って感じですよね。

「コルテックス」とは髪の毛を形成しているタンパク質のことです。

直毛の人はコルテックスがバランスよく出来ていますが、クセ毛の人はこれがアンバランスです。
コルテックスは2種類あるのですが、これの量やバランスの度合いが崩れていると、ねじれやうねりの原因になります。

 

また、コルテックスが乱れると髪の内部にある水分量の調節が出来なくなります。
このため湿気の多い日や雨の日などにバランスを崩しやすくなり、クセ毛の人は余計にボサボサヘアになるのです。
理由は、外部の水分を取り込みやすくなるので、髪の毛が膨張してしまうから…だそうですよ。

「シスチン結合のずれ」について。

「シスチン結合」とは髪の主成分を鎖状にして結び繋げてくれているもののことです。

これが上手く出来てない髪の毛はボタンの掛け違いのような現象によりクセ毛になってしまいます。
ずれて、ずれて…を繰り返しているうちにずれが大きくなりクセが強くなってしまうのですね。

この3つが遺伝から出来るクセ毛のメカニズムです。

 

後天的なクセ毛は生活習慣やヘアケアの影響が大きいですね。

 

ホルモンバランスは女性の場合、生理や妊娠・出産、加齢などです。
これらによりホルモンバランスが崩れてクセ毛になる人もいます。

 

栄養不足もクセ毛の要因です。

過激なダイエット、正しくない食事制限、偏食、暴飲暴食などをしていると髪の毛まで栄養が届かなくなります。
そんな生活を続けていると頭皮の血行が悪くなり、栄養不足で元気のない…痩せて弱い髪しか生えてこなくなるのです。

 

頭皮の汚れや毛穴の詰まりも髪の毛に良くありません。
毛穴が詰まると髪の成長の妨げになります。
悪い土からは植物が生えてこないように、頭皮が汚れていると元気な髪の毛が生えてこないのです。

シャンプーのすすぎ残しや、洗いきれなかった誇りや余分な皮脂が汚れの原因になっています。

後天的なクセ毛はなんだか改善の見込みがありそうですが、遺伝となるとどうなのでしょうか?

遺伝したくせ毛を改善する方法

遺伝したクセ毛を治そうとしても完治はしません。
何せ「遺伝」ですからね…。

 

私のクセ毛も父方からの遺伝です。
中学生の頃に生理などのホルモンバランスの乱れが引き金となってクセ毛が出はじめました。
遺伝のクセ毛と言ってもクセ毛が現れるタイミングは個人差があるようです。

 

遺伝のクセ毛は完治しませんが改善と言うか緩和させることは出来ますよ!

 

どうするのかと言うと「毎日ヘアケアをする」のです!!


スポンサーリンク





【AD】

3年連続、医療関係者が選ぶ脱毛サロン1位
↓↓↓
http://stlassh.com/


>>そして取材に行ってきました!


【18歳未満の登録禁止】のタップル誕生がオモロイ

 

やってるけど緩和出来てないよ、と言う方はヘアケアのやり方が自分のクセ毛と合ってないのかもしれません。
厄介なことにクセ毛はダメージを受けやすく出来ているので、毎日のヘアケアが重要になってきます。

 

ではどのようにケアをすれば緩和出来るのかを見ていきましょう!

*ブラッシングをする!

 注意する点はブラッシングの時に起こる静電気や摩擦を抑えることです。
 ヘアオイルやローションをブラッシングの前に髪の毛に付けましょう!
 こうすることで直接の刺激から髪の毛を守ることが出来ます。

 髪の毛に良いとされている豚毛のブラシや静電気の起きないクシなどを使うのもオススメします!

*シャンプーに注目!

 シャンプーをする時に頭皮をマッサージするように洗いましょう。
 この時、指の腹を使って優しく「気持ちいいな」と思うくらいの力加減で行います。
 マッサージをするように洗うことで頭皮の血行がよくなり、毛穴を少しでも正常な形に近づけることが出来ます!

*トリートメントはしっかりと!

 バスタイムの時は「洗い流すトリートメント」で髪の毛にゆっくりじっくり栄養を浸透させましょう。
 お風呂から上がって髪の毛をタオルドライしたら今度は「洗い流さないトリートメント」をつけます。
 ダブルのトリートメント使いで髪の毛をケアしましょうね!

*ドライヤーの熱から髪の毛を守ろう!

 ドライヤーの熱は髪の毛にダメージを与えます。
 じゃあ自然乾燥で良いのでは?と思ったらそれは大間違いです!!
 自然乾燥や生乾きは余計に髪を痛めてしまうのです。

 何故なら髪の毛には「キューティクル」があり、それが髪の毛の内部の水分を守っているのです。

 このキューティクルはウロコ状の膜をしているのですが、濡れたままだとそのウロコが開いた状態になっているのです。

 そのまま放置すれば開いた場所から内部の水分が失われて乾燥したダメージヘアになります。

 

 それを防ぐのがドライヤーの熱なのです。
 キューティクルは熱を加えることでウロコを閉じていきます。
 内部の水分を守るためにドライヤーで乾かすという行為は大切なのです!

 

 まず、先程も書いたようにタオルドライ後は「洗い流さないトリートメント」でキューティクルを熱から保護します。
 傷みやすい毛先から髪の毛全体に広がるように、適量を塗って下さいね。

 

 ドライヤーをかける時は髪の毛に近づけすぎないように気を付けましょう。
 最低でも髪の毛から20センチくらいは離します。

 長時間同じ場所に熱風をあてないように注意しながら乾かします。
 この時、頭皮に近い髪の毛…内側の髪の毛からしっかり乾かしましょうね!

*睡眠時間は美髪育成時間!

 お肌の美容にはゴールデンタイムの睡眠が良い!と言いますが髪の毛も同じです。
 髪もまた寝ている間に成長します。

 適した時間は「午後11時から2時」です。
 この時間帯にきちんと眠れていれば新陳代謝がしっかりされるので髪の毛の成長を促してくれますよ!
 睡眠時間をキープして美肌と美髪を手に入れましょう。

*食生活の見直しでクセ毛緩和!

 クセ毛には大豆などの「タンパク質」を多く含む食品がオススメです。
 前にも書いたようにコルッテクスはタンパク質です。
 髪の毛はタンパク質で出来ている、と言っても良いでしょう!

 

 なのでタンパク質を含む食品を食事に加えると髪の毛に栄養を与えてくれるのです。

 もちろんバランスの良い食事は最低条件ですよ!!
 偏らずしっかり栄養の整った健康的な食事を心がけましょう。
 是非これをきっかけに食生活を一度見直してみて下さい!

 

どうでしたか?
どれも普通の事ですよね。
ですがこの普通を続けることが難しくて大切なのです。

 

それでも、どうしても緩和出来なかった、クセが強すぎてどうしようもない…

そんな時は美容師さんに綺麗にしてもらいましょう。
美容師さんは髪のプロで技術も持っています。
カウンセリングをしてもらうことで自分のクセ毛がどの程度なのか、どんな処置をすべきなのかが分かります。

 

多くのクセ毛でお悩みの方は美容室で縮毛矯正をするでしょう。
こちらも完全な治療ではなく、薬剤で髪の毛をまっすぐに伸ばすという処置です。
ですがこれもクセ毛を抑えるひとつの方法ですよね!
有りだと思いますよ!!

 

また、クセ毛の程度によってはクセ毛を活かした髪型にもできます。
美容師さんに相談してみるのも悪く無いですよね!

 

完治を目指そうとしても出来ないのが遺伝のクセ毛。

だけど努力すれば緩和は出来るはずです。
まだ諦めるのは早いですよ!

改善方法まとめ

クセ毛は厄介な悩みの種です。

髪型が決まらない、したい髪型が出来ない、サラサラヘアに憧れてコンプレックスになった。
雨の日が憂鬱で仕方ない、もう諦めてる…。

 

そんなクセ毛女子の皆さんの希望に少しでもなれたなら…同じクセ毛女子の私も嬉しいです。
遺伝だからとしょげてないでやれることは全部試してみましょうよ!

ヘアケアを正しくして、食生活を整えて、夜更かしせずにゴールデンタイムは夢の中へ。

 

完治は出来ないけど自分に合ったものが見つかれば緩和は出来ます!
根気よく続けることがとても大切です。

それでも変化がなくて悩んでしまうようなら美容師さんに相談です!
力になってくれるでしょう。

私思うのですが、クセ毛の緩和にならなくてもヘアケアはダメージヘアを作らないために続けて欲しいです。
クセ毛だからヘアケアしたって仕方ない、と思わないでせめてダメージから髪の毛を守ってあげてほしいです!

アナタが上手く自分のクセ毛と付き合っていける方法が見つかりますように。

 - くせ毛, 傷みやすい, 縮れ髪 , , ,