30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

夏の頭皮のかゆみ原因~乾燥と汗の関係~シャンプーの選び方

   

6f8d28402b88654456fe140c75ce05dd_s
日本の夏は湿気の多いジメジメとした猛暑が続きます。
毎日毎日暑くてうんざりしてしまいますね!

そんな暑い夏だからこそヘアケア関係の悩みの中に「頭皮の痒み」ってありませんか?

毎日シャンプーして洗ってるはずなのに、すぐに頭が痒くなる…
こんな経験がアナタにもお有りではないでしょうか!

私も夏は半日もすると頭に不快感を覚えるようになります。
汗ばんで気持ち悪いし、少しずつ痒みが出てくる時もあります。
夕方くらいになると早くシャワーを浴びたくて浴びたくて仕方がないです!

こんな夏の頭皮の痒みって何が原因なのでしょうか?
また、しっかりとした対処法があるのでしょうか?

きっとアナタも気になっているはず!

では一緒に見ていきましょう!
この悩みから開放されて、清々しい夏をおくりたいですね!!

夏の頭皮のかゆみ原因

夏の暑さってたくさん汗をかきますよね!
全身汗だくでベタベタして…イヤな感じです。
そしてなんと頭皮は人体の中でもともと汗を書きやすい場所なのです!!

頭皮には皮脂腺がたくさんあります。
その為、他の場所よりも多くの汗をかくし、皮脂も大量に分泌されます!
夏は他の季節よりも気温が急激に高く、特に日本の夏は湿気もありジメジメです。
なので汗の量も皮脂の量も多くなってしまいます。

そして夏といえば紫外線対策ですよね?
この紫外線対策のひとつとして帽子を被る人もいますが、これが注意するポイントのひとつです!!

「暑い+大量の汗&皮脂が出る+そこに帽子を被っている」

この時の頭はどんな状態なのか…
想像できると思います…そうです、通気性の良くない環境で頭は蒸れています!
これが頭皮環境には悪影響なのです!!
帽子によって蒸れてしまった頭皮は、温度が上がってしまいます。
こうなると雑菌が繁殖しやすくなり、皮脂も毛穴に詰まってしまいます。
毛穴が炎症を起こせば痒みが出る…これが夏に頭が痒くなる原因のひとつです!!

唯でさえ汗と皮脂が出すぎて頭皮環境はキャパオーバーしそうなのに、帽子でフタをしてしまったらそれは大変ですよね!

それに痒くなるとそれが我慢できずにかいてしまうことも!
この行為がまた炎症を起こしやすくするので困り者です。

頭皮環境が良くない状態が続くと髪の毛にも影響が出てきます!!
抜け毛が増えたり、薄毛になったり、ダメージヘアになったり…。
そしてそれらはストレスとなりますが、ストレスも頭皮環境には良くないのです。
……こんな悪循環は御免ですね!!

しかしだからと言って帽子を被らなかったりといった紫外線対策を怠るのも良くないのです!
何故なら紫外線で頭皮も日焼けしてしまうからです!!
髪の毛も紫外線を吸収してダメージヘアに!!
それに太陽から頭を守らないと猛暑で熱中症になる危険もあります!!

夏の紫外線対策と頭皮環境は両立できないのでしょうか?

そんな疑問も出てくるところですが、もうひとつ夏の頭皮の痒みの原因として「乾燥」が挙げられます!
夏なのに乾燥?と思いますよね!
これが落とし穴なのです!!

まずはこの乾燥について見ていきましょう。
対処法はその後です!

夏の頭皮のかゆみ~乾燥と汗と皮脂の関係

乾燥の激しい季節と言えば冬ですよね!
冬になると乾燥でお肌がカサカサになって痒くなることがありますね。
しかし、この乾燥、冬だけの問題では無かったのです!!

夏の必需品と言えば「冷房」ですよね。
現代の日本の猛暑はこれがないとのりきれません!
特に都会は夜に窓を開けていても、昼間の熱で暖められた生ぬるい空気が入ってくるだけ。
その前に物騒で窓なんか開けっ放して過ごせませんよね!
クールビズを口癖のように言う昨今ですが、会社でも以外と冷房はガンガンに効いています。

そう、この冷房が頭皮の乾燥を引き起こす原因であり、痒みに繋がる元なのです!!

空気が冷えると湿度が下がり空気が乾燥します。
空気が乾燥すると冬と同じように人体にも影響が出てきます。
お肌に潤いがなくなってカサカサになるのもそうですし、頭皮も同じように乾燥します。

この夏だけど乾燥することを「インナードライ肌」と言います!
肌トラブルのひとつで”見た目は汗などで乾燥など感じさせなくても、見えていない皮膚の中が乾燥している”といった状態です。
これはどんな肌質の人でもなる可能性があり、実際ほとんどの女性がインナードライ肌だと言えるそうです。

スポンサーリンク


そしてこれが原因で敏感肌になったり、皮脂コントロールが上手く出来なくなったりします。
結果、肌荒れやニキビ、そして痒みなどを引き起こす元になるのです!!

汗、皮脂、紫外線、ストレス、乾燥。

これらが複雑に反応し合って頭皮環境も悪化…。
痒みの原因にもなってしまうのですね。

対策法としましては…

*帽子を被るときは出来るだけ通気性の良いものを選ぶようにして、脱げる場面では脱いであげましょう!
 被りっぱなしは蒸れてしまうのでやめましょう!
*紫外線は日傘や、髪の毛専用の日焼け止めスプレーを使って出来るだけ直接浴びないようにするのが良いでしょう!
*冷房は自宅にいる時だけでも温度調節や風向きなどを変えて、冷気にあまり当たらないように気を付けましょう!
*ストレスは溜め込まないようにし、自分に合った発散方法を見つけましょう!

こんな感じです!

だけど、暑さで流れる汗も分泌される皮脂の量も自分ではコントロール出来ないし、紫外線も全てカットするなんて無理!!
私はどう対策したらいいのか分からない…。
そうですよね、防ぐのにも限界があります!

では「頭皮のケアをきちんとしてあげる」という対策はいかがでしょう?

夏は今までに書いたような理由から、頭皮も毎日フル稼働でクタクタです。
それに、大量の汗や皮脂をそのままにしたくないし!!

こんな時はヘアケアの基本「シャンプー」から夏を考えて見直してみませんか??

夏の頭皮のかゆみ対策シャンプーの選び方

汗や皮脂などが原因で痒みがある場合はシャンプーを見直すのが一番です!

アナタはどんなシャンプーを使っていますか?
市販の中でも洗浄成分の強いシャンプーは痒みを悪化させる原因にもなりまねません!
それは「シャンプーの洗浄成分が汗で溶け出してくる」からです!

強い洗浄成分が溶け出すと頭皮を刺激します。
それが汗や皮脂に混ざって余計に痒みを悪化させるのです!!

なので「頭皮に優しいシャンプー選び」をオススメします!

どのようなものがあるのか…
例えば「アミノ酸シャンプー」です!!

アミノ酸シャンプーは低刺激で頭皮にも優しいシャンプーです。
そして髪の毛にも負担が少ないので、薄毛の方や髪の毛の細い方、クセ毛の方にもオススメです!
低刺激なので「洗浄成分が弱い」という弱点がありますが、正しくシャンプーが出来ていればその問題も解決できます。

*正しいシャンプーの仕方*

1,まずはお湯で髪の毛を予洗いします。
  ゆっくりと約2分くらいは頭皮を指の腹でマッサージするようにしましょう。
  お湯で予洗いをすると頭皮の血行が良くなり、毛穴に詰まった汚れや皮脂が浮いてきて落ちやすくなります。

2,シャンプーを適量手に取り、そのまま手のひらでしっかりと泡立てます。
  泡立ちにくかったら洗顔ネットを使って泡立てましょう。
  原液をそのまま髪の毛に付けるよりも刺激が少なくなります。

3,泡を頭皮全体にしっかりつけて、揉み込むようにマッサージしながら洗います。
  丁寧にしっかりと頭皮の汚れを落とすことを意識しながらまんべんなく全体をマッサージしましょう。
  爪を立てて頭皮を傷つけないように、指の腹で優しい力加減で行いましょう。
  髪の毛は優しく指を通す程度で大丈夫です。

4,すすぎは丁寧にしましょう。
  予洗いよりも長く、約3分間はすすいで下さい。
  すすぎ残しがあるとニオイや痒みの原因になります。
  頭皮にお湯をたっぷりかけてしっかりとすすいで下さい。

これが正しいシャンプーの仕方です。
予洗いとか知らない人も多いのですが、この予洗いが汚れを効率よく落とすための大事な作業なのです!
それにマッサージしながら洗うことによって血行が良くなって乾燥対策にもなります。

髪の毛や頭皮に優しい反面洗浄成分が弱いので、丁寧に「頭皮ケア」をしているつもりで行いましょう。
実際に痒みは悪化した頭皮環境で起こるものなので、正しい洗い方は普段からする方が良いのです!!

アミノ酸シャンプーを使って頭皮ケアをして、アナタもこの夏は痒みとサヨナラしてみませんか?

夏の頭皮のかゆみ原因~乾燥と汗の関係~シャンプーの選び方まとめ

頭が痒いと自分が不潔になった気がして私はそわそわすると思います。
それに痒みって本当に耐え難いものですよね!

夏の頭皮は色んな刺激で大変敏感になっています。
しっかりケアしてあげないと頭皮トラブルがアナタを襲うかもしれませんよ?

優しいシャンプーと正しい洗い方で、頭皮環境を整えましょう!!

これが出来ればシャンプー後の爽快感がいつもよりイイ感じになるはずです!
スッキリした頭って気持ちが良いものですよね!

ひとつ注意があります!
もし痒みが異常なほどであれば、自己判断せずに病院へ行きましょう!!
何かの皮膚病になっていては大変なので、良く自分で確認してみてくださいね!!

 - 7月, 8月, 9月, シャンプー, 頭皮ケア, 髪が乾燥しやすい , , , ,