30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

夏の紫外線の頭皮への影響~ダメージ回復ケアとかゆみ対策

      2017/03/29

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_s
暑い夏の日、ギラギラの太陽を浴びながらの外出。
帰って来てしばらくした頃、頭皮に異常を感じたことはありませんか?

ヒリヒリしたり痒くなったり…。

その異常、紫外線が原因かもしれませんよ!
頭皮も顔や腕のように紫外線で日焼けしちゃうんです。

見えない場所で気が付かない、頭皮にまで気を配れてなかったそこのアナタ。
頭皮の方がお肌よりも紫外線による老化現象が強いと聞いたらどうしますか?
このままにしておけませんよね!!

スポンサーリンク







「なんか最近、頭がくさいかも~」
「抜け毛が増えてるかも~」

って30代女性は読んでみてください。 ↓↓

>>頭がくさい30歳クセ毛独身女の抜け毛に【無料で6本まで試せる育毛剤】を使ってみた結果

 

紫外線の頭皮に対する悪影響がどのようなものなのか…

ダメージを受けた頭皮のケア方法はあるのか…

痒みが出てしまったらどうしたらいいのか…

健康な頭皮でいるために色々知っておきたいですよね?
頭皮が傷んでしまうと綺麗な髪が生まれてきてくれません。

この機会にお勉強しましょう!

夏の紫外線の頭皮への影響

では最初に「紫外線の頭皮への影響」について。

夏はジリジリお肌が焼けるように暑いですよね。
その夏の紫外線が頭皮にとっても悪い影響を与えていましたよ!

紫外線が頭皮に与える日焼けダメージは…

私も知らなかったのですが紫外線が頭皮に与える日焼けダメージは…

お肌の約3倍!!!

らしいのです!
なんで今まで知らなかったのだろうと後悔しました…。
知らないうちにこんなにも頭皮にダメージが…と思うとゾッとしました。

その約3倍のダメージとはどんなものなのかを説明します。

頭皮の老化…光老化現象

 紫外線を浴び続けた頭皮は細胞が壊されていきます。

 

 お肌も紫外線でシミやソバカスやシワなどができると言われていますね。
 これらが増えると老けて見られたりして…女性にとっては精神的にも大ダメージ!

 頭皮にもこれと同じことが起こっているのです。

 それが「光老化」という頭皮の老化現象です。

 普段露出している顔や腕なんかに比べると髪の毛で隠れている頭皮の異常には中々気が付きにくいもの。

 そのせいかわざわざ頭皮の紫外線対策をしている人はあまりいないかもしれません。

 ですが見えていないだけでしっかりダメージを受けているのです!

 気付く頃には頭皮に何らかの異常が出ていますよね。
 それは頭皮の赤みであったりヒリヒリした痛みであったり痒みであったり…。

 そんな頭皮のダメージは髪の毛にも悪影響を与えます。
 健康な土でないといい作物は育ちませんよね?
 それと一緒で健康な頭皮でないとそこに生えてる髪の毛も不健康なものになってしまうのです!

 ついでなので紫外線が髪の毛にどのような悪影響を与えるのかも知っておきましょう。

髪への紫外線ダメージ

 紫外線は髪の毛自体にも刺激を与えダメージヘアを作ってしまいます。

 例えば…「枝毛」「切れ毛」「髪の毛の脱色」です。

 

 髪の毛には「キューティクル」というウロコ状の膜があるのですが紫外線はこれを破壊してしまうのです。

 キューティクルは美しい髪の証…これが壊れると髪の毛を守るものがなくなり、
 毛の内部の水分が失われ「髪の毛の乾燥」がはじまります。
 そうするとパサパサのダメージヘアになってしまうのです。

 

 そのまま放置していればそこから更に進化したダメージヘア…枝毛や切れ毛になってしまいます。
 紫外線によってキューティクルが壊れたことによる栄養不足になってしまうのです。

 

 また、紫外線は髪の毛の色さえも不健康に変えてしまいます。
 髪の毛の色を形成している「メラニン色素」を破壊してしまうのです!
 こうなると赤茶の傷んだ髪になってしまうのです。

ほっておかないで!頭皮の異常

 日焼けしてダメージを負った頭皮…

 夏は四季の中で最も汗をかいたりして頭皮に皮脂が増える季節。
 これは更に頭皮への悪影響が心配です。

 

 特に肌が弱い人や酷い日焼けをしやすい人は要注意!!

 痒みが出たりヒリヒリ痛くなったり…
 中にはフケのように頭皮の皮がポロポロ取れてきたりしてしまう人も!?

 

 そんなことになっていたら大変です!
 先程も書いたように頭皮が健康でないと髪の毛にも悪いことが起こります。

 放置していれば抜け毛や薄毛の原因になってしまうのです!!
 更に白髪も出来やすくなるなど悪いことづくし…。

 

知ってしまいましたね…頭皮が紫外線によってどのようなことになるのかを…。

頭皮だってお肌なんです!

見える場所ばかり綺麗にしても根本が傷ついていたら意味無いですよね。
綺麗な髪なんて生えてこないし、頭皮のトラブルって厄介です。

紫外線による悪影響は分かりました。
ではケア方法を学ばなくては頭皮が可愛そうですよね?

 

お次はダメージで泣いてる頭皮をしっかり労ってケアしてあげましょう!

紫外線による頭皮ダメージ回復ケアはこれ!

まずは予防策について書いておきましすね。

紫外線から頭皮を守るには、外出時には帽子を被ったり日傘を差したりして直射日光を浴びないことが大切です!

 

帽子はつばが広く通気性の良い物を選びましょう。
紫外線だけじゃなく熱中症対策としても帽子は夏に大活躍です!

 

日傘はUVカット効果のあるものがオススメです。
折り畳めて雨天兼用なら尚の事便利ですよね!
最近私が注目している日傘は、太陽熱を傘の内側まで通さない加工のされているものです。

 

それと髪の毛や頭皮用の日焼け止めスプレーです!

ドラッグストアに行くと置いてあると思いますので是非活用して下さい!
鞄に入れて持ち運べるのでサッと使えて良いですよ。
ファッションやコーデで帽子が被れない時にもオススメですよ。

 

このようにして紫外線から頭全体をしっかり守りましょう!!

それでもダメージを受けてしまった頭皮にはケアを!

まず頭皮が日焼けをしてしまったなと感じた時は冷やしてあげましょう。

日に焼けると頭皮が赤くなったり痒みやヒリヒリした痛みを感じる方もいるでしょう。
そんな症状が出たならお肌と一緒で冷やすことが大切です!

 

どのように冷やすかというと、冷たいタオルで頭全体を包んだり、冷たいシャワーをかけてあげるのです。

日焼けは「皮膚の火傷」です。
火傷をしたら患部を冷やしますよね?
頭皮の日焼けも同じように処置してあげて下さい!

次に大事なのは「頭皮の保湿」になります。

日焼けした頭皮は乾燥してカサカサです。

このままにしておくと髪の毛のトラブルへと発展しかねません。
痒みや痛みがなければ顔に使っている化粧水をつけてあげましょう。

 

この時、絶対に気を付けてもらわなければならないことがあります!

自分で上記のケアをしても症状が落ち着かない場合は皮膚科を受診して下さい!!!
自己判断せず専門家にちゃんと診てもらうことを強くオススメします!!

放置しておくと皮膚病になってしまうくらい酷い日焼けをしている場合があるからです。

少しでも変だな、不安だなと感じたら迷わず皮膚科へ行きましょう!!
日焼けを甘く見ていてはいけませんよ!

夏の紫外線で頭皮にかゆみが出た時の対策

紫外線の日に焼けによる頭皮の痒み。
頭皮の炎症度が低い場合には痒みの症状が出るそうです。

 

人間の体で毛の生えてる部分というのはデリケートな部分です。
ダメージから守るために毛があるのです。

髪の毛だって本来はファッションのために生えているのではありません。
それだけ頭が守られるべき弱い場所だということです。

 

痛みや痒みがセルフケアでも治まらない場合は上にも書いたように皮膚科へ行きましょう!

 

痒みは程度の低い症状なんでしょ?と思っていてはいけませんよ!!
気を付けて症状の経過観察をして下さいね。
程度の低い痒みでも続くようなら要注意です!!

 

セルフケアとしては先程も書いた冷やすことが痒みには効果的です。

虫に刺されたらつける塗り薬の中にもひんやり冷たく感じるものがありますよね。

それと同じで、紫外線による頭皮の痒みにも冷たく冷やしたタオル等で対処するのが良いでしょう!

資生堂から出ている「カーマインローション」もオススメです。
保湿もでき炎症を抑える効果もあります。
コットンにとって優しく頭皮につけてあげて下さい。

これでダメなら何度も言いますが皮膚科を受診ですよっ!!!

夏の紫外線の頭皮への影響と対策まとめ

紫外線による頭皮トラブル。
知らなかった事も多かったのではないでしょうか?

夏は本当にお肌に悪い季節です。
でも顔や腕や足ばかりに気を取られていたら、うっかり頭皮が日焼けして大変な事になってしまいます!!

帽子や日傘、髪.頭皮用の日焼け止めスプレーでしっかり予防しないといけませんね。

どうしても焼けてしまって症状が出てしまったらそれが軽いものなら自分で頭皮ケア!
冷水や冷たく冷やしたタオルで頭全体をクールダウン。
頭皮の保湿には顔用の化粧水、痒みが強ければカーマインローション。

症状が治まらなかったり酷い場合は絶対に皮膚科へGO!!
素人判断で放置しないことが重要です!!

昔、まだ私が子供だった頃。
夏の暑い日に父とプールに行きました。
帰る頃、父の肩から背中にかけてたくさんの水泡ができていたのを今でも覚えています。
それは日焼けによるもので、もう少し酷ければ皮膚がんになっていたかもしれません。

それくらい紫外線と熱の強い夏は皮膚にとって危険な季節なのです!

頭皮は髪の毛に隠れているから大丈夫?
実際はそうではありませんでしたね。
今知れて良かったです!

頭皮はデリケート。
ちゃんと対処して頭皮を守る夏にしたいですね。

 - 7月, 8月, 9月, 紫外線対策, 頭皮ケア , , , , , , ,