30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

女子の逆毛~髪が絡まる・傷む原因と傷まない方法

   

401962
女性のヘアアレンジに欠かせない「逆毛」。
髪の毛のボリュームアップやふんわりしたトップを作ることが出来るのも逆毛を作る魅力です◎

しかし、そんな便利な逆毛で髪の毛が傷むという噂も耳にします!!

確かに逆毛の作り方を考えてみれば、髪の毛に負担が掛かりそうな気もしますよね…。
髪の毛を逆方向にとかしていくわけですから…絡まりだって起きそうですし…。

逆毛で髪の毛が傷む・絡まるといった噂は本当なのでしょうか?果たしてその原因は??
また、逆毛をしても痛まない方法などは存在するのでしょうか???

オシャレのために逆毛はやりたいけど、逆毛に対する不安がある女性必見です☆

ここでは「女子の逆毛~髪が絡まる・傷む原因と傷まない方法」をテーマに書いていきたいと思います!
一緒に見ていきませんか?

女子の逆毛~髪が絡まる・傷む原因

ふんわりとしたボリューム感が欲しい時、使えるのが逆毛です!
お団子ヘアをするときなどにも崩れやすさ防止として逆毛を作りますよね◎
他にも、パーティー用のエレガントなアップヘアで逆毛を作れば、ボリュームが出て華やかになります☆

それから、髪の毛がぺちゃんこだと輪郭がハッキリと見えてしまうので顔が大きく映りがち…。
逆毛を立てて髪の毛をふんわりさせるだけでこの悩みも解消できてとっても便利です!!

このように様々なシーンで使える便利な逆毛ですが「髪の毛が絡まる・髪の毛を傷める」という噂も…原因は何なのでしょうか?

原因としては、コームの入れ方に問題があることが考えられます!!!

逆毛を作るときにボリュームを出そうとするあまり「何度も何度もコームを上下に」動かしていませんか?
コレです!この行為が髪の毛を痛めつけていることになるのです!!

髪の毛というのは一本一本が「キューティクル」というウロコ状の膜で覆われています。
上下に何度もコームを動かしていると、キューティクルが刺激されてボロボロに剥がれ落ちてしまうのです!!

キューティクルが剥がれたところからは、髪の毛の内部の水分や栄養が失われていきます。
そう、キューティクルは髪の毛の潤いと栄養を守る役目をしている大切な存在……。
キューティクルが傷むということはダメージヘアが進行するということなのです!!!

逆毛を作りたいという気持ちから間違ったコームの使い方をしてしまい、結果キューティクルが傷ついて髪の毛が傷む…というわけです!!

髪の毛が絡まるのは逆毛を作る上である意味しかたのない事です。
髪の毛同士をくしゃっと絡ませることでボリュームを出すのが逆毛ですからね。

しかし、傷んだ髪の毛は普段よりとても絡まりやすい状態になっています!!

ですので、傷んだ髪の毛で逆毛を作ると解くときに手間がかかるでしょう…。
普段の生活でも髪の毛は毎日少しずつダメージを負っていますし、間違った逆毛の作り方がそこに加わるともっとダメージが酷くなりますよ!

間違ったコームの使い方で逆毛を作っている」ことが髪の毛が絡まったり傷んだりする原因でしたね!!

キューティクルというのはとても繊細で脆いものです。
そして厄介なことに、一度剥がれてしまうと再生が不可能!!!
髪の毛は完成形で生えてくる「死滅細胞」です。

皮膚のようにケガをしてもカサブタが出来て治ったり、毎日新しく生まれ変わるということが髪の毛には出来ないのです!!
髪の毛をケアすること、傷ませないように努力することはとても大切な課題なのですよ!!
何故なら、傷んでしまった髪の毛の対処法は生え変わるのを待つか、切ってしまうかしか方法がないからです…。

髪の毛をダメージヘアにする可能性が逆毛を作るという行為にはある!!
しかし、その可能性が大きくなるのは正しい方法で逆毛を作れていないからに他なりません!!!

ちゃんとした方法で逆毛を作ってヘアアレンジを不安なく楽しみたい!
そんな「逆毛でも髪を傷ませない方法」…つまり、正しい逆毛の作り方をお勉強しましょう☆

逆毛アレンジでも傷まない方法

逆毛を作る時のポイントは「コームの動かし方」にあります!!


スポンサーリンク








>>【レビュー】抜け毛に40才から【女性用】イクモアをを飲んでみた!!




逆毛を立てたい場所の髪の毛をコームでとかせるくらい持ちます。
そしてコームをかけていくのですが、この時、必ず「根元に向かって一定方向だけに動かす」ようにしましょう!!

コームを根元まで動かす → コームを髪の毛から一旦離す → コームを根元まで動かす……

これを繰り返しながら逆毛を作って行きましょうね◎
絶対に、コームを髪の毛に通したままその場で何度も何度も上下させるやり方だけは避けて下さいね!!!
キューティクルがボロボロに傷んでしまう恐れが増してしまいます!!

また、使うコームも「逆毛に適したコーム」を選ぶようにしましょう!
逆毛を立てるために適したコームは「ラットテールコーム」と呼ばれる種類です☆

それから「逆毛専用コーム」もオススメですよ!!
間違ったコーム選びも髪の毛には痛手ですので、正しく選んで使いましょうね◎

では、もう少し詳しく逆毛の作り方をおさらいしてみましょうか!

[逆毛の正しい作り方]

 ☆使うもの……・ラットテールコーム、もしくは、逆毛専用コーム
        ・ヘアクリップ

 1,逆毛を立てたい髪の毛を取り分けます。
   その部分の表面を更に薄く取り分けて、頭にヘアクリップで留めておきます。
   この取り分けてヘアクリップで留めている部分が、後に逆毛の上にかぶせるための髪の毛になります◎

 2,逆毛を立てたい部分をいっぺんに持つのではなく、逆毛を立てたい部分は細くブロックに分けます。
   そして何回か同じ作業をやっていくようにします!
   持ち方は、逆毛を立てたい部分を手にとって「垂直に引っ張るように」して持ちましょう。
   
 3,手に持った髪の毛の「真ん中くらい」から「根元に向かって」数回コームを動かしていきます。
   この時のポイントは「コームを根元に向かって一定方向に動かす」ということ!!
   一回コームを根元まで動かしたら髪からコームを離し、また真ん中くらいからコームを根元に向かって動かす…。
   これが正しいコームの使い方です☆
   絶対に同じ場所で何度も何度もコームを上下させないようにしましょうね!!!
   この作業を他の逆毛を作るブロックにもやっていきます◎

 4,逆毛が作れてボリュームアップが出来たら、取り分けてヘアクリップで留めておいた髪の毛をかぶせます。
   それをコームで逆毛と少し馴染ませれば完成です☆

いかがでしたか?

逆毛を作ってひとつに結ぶだけでもかっこよくきまりますよね!
海外セレブの間でも逆毛を使ったヘアアレンジは定番です☆
アナタも正しく逆毛を作って、素敵でオシャレなヘアアレンジを楽しんで下さいね♪

ただし、ちゃんと逆毛を作っていたとしても作る過程の刺激で髪の毛は疲れています。
髪の毛ってそれくらいデリケートなのです。

だからこそ日々のヘアケアは欠かさずに行って、髪の毛が疲れて傷んでしまわないようにお手入れを頑張りましょうね!!
ヘアケアは毎日コツコツと…が基本ですよ◎
正しい逆毛の作り方と同じように覚えておいて下さい!

女子の逆毛~髪が絡まる・傷む原因と傷まない方法まとめ

街を歩いていてもヘアアレンジでオシャレを楽しんでいる女性をたくさん見かけます。
髪の毛も自分の個性や美を表すファッションの一部なのです☆

逆毛もオシャレなヘアアレンジには欠かせないですね!
しかし今回はあえて逆毛を作る危険性を取り上げて書いてみました。

「逆毛は髪の毛を傷める」という噂は本当でしたね!!

だけど、正しいコームの使い方や選び方でその危険性は少なくなります!!

今まで間違ったやり方で逆毛を作っていたのなら、この記事を参考にして正しく改善して行きましょう☆
その手助けが少しでも出来ていたら私も嬉しいです。

そしてもう一つ筆者からのお願いがあります!
しつこいようですが、ヘアケアは忘れずに毎日行ってほしいのです!!

先程も少しだけ書きましたが、髪の毛は死滅細胞であり傷んでしまうと元には戻りません…。
ダメージヘアのまま過ごすのは髪の毛が痛々しいですし「身なりがだらしない人」という印象を他人に与えてしまうかもしれません!

メイクを落としたら化粧水や乳液などでお疲れ様のケアをお肌にしますよね?

そのお肌のケアと同じようにヘアケアも自分への投資として頑張ってほしいのです◎
逆毛を作った後も髪の毛を労ることをお忘れなく…☆

正しい逆毛の作り方をマスターしたら、ヘアアレンジの幅を広げて楽しみたいですね!

 - うねり, くせ毛, トリートメント, ハネやすい, パーマの傷み, ヘアケア方法, 傷みやすい, 剛毛, 子育て中, 枝毛, 毛先パサつき, 髪が乾燥しやすい, 髪でこぼこ, 髪のボリュームが出やすい, 髪ギシギシ, 髪バサバサ , , ,