30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

冬(11月、12月、1月、2月、3月)の頭皮の乾燥する原因と防ぐ方法

   

7252b9e088d5e9effa46f28a3d6bab57_s
カサカサ、乾燥の季節。
そんな冬には乾燥対策のボディケアに力が入りますね!
唇にはリップクリーム、手にはハンドクリーム、体にはボディクリーム…。
潤いをキープするために女性は頑張っています!!

では、頭皮の乾燥対策やケアはしていますか?

個人差はあるものの、多くの女性は男性よりも皮膚が乾燥しやすくなっています。
同じことが頭皮にも言え、女性の頭皮は皮脂の分泌量が少ないので乾燥に注意が必要なのです!

冬になると頭皮にも普段以上の乾燥が忍び寄ってきます!!!

頭皮も皮膚、お肌の一部です!
しっかりとした乾燥用の頭皮ケアが大切ですよ!!

頭皮は髪の毛の生えてくる土台。
頭皮環境の悪化は髪の毛の美しさと健康の危機です!!
乾燥した頭皮を救うためにここで一緒にお勉強しませんか?

今日は「冬の頭皮の乾燥する原因と防ぐ方法」をテーマにしたいと思います☆

Q,冬に頭皮が乾燥する原因は何なのか?
Q,頭皮の乾燥を防ぐ方法はないのか?

この2つの疑問をアナタと一緒に解決していきたいと思います!

冬の頭皮が乾燥する原因

冬の頭皮の乾燥。
その原因はやはり寒い冬ならでは!

※原因1,空気の乾燥※

 気温がグッと下がる…そんな冬の冷たい空気はとても乾燥しています!
 加えて、室内にいる時は暖まるために暖房器具の使用が欠かせませんよね?
 
 「乾燥した冬の空気+暖房器具の使用で乾燥した空気」
 
 こうして頭皮を乾燥させる空気が作られるのです!!
 

※原因2,血行不良※

 寒い冬は血液の流れが悪くなる「血行不良」が起こりがちです!
 血行不良になると、血液に乗って運ばれるはずの栄養素が体中に行き届かなくなります。
 そうすると新陳代謝が衰えだして皮膚(頭皮)のかさつきが始まります!!

 頭皮が血行不良になると髪の毛に栄養が届けられなくなるので、頭皮の乾燥だけじゃなくダメージヘアにも注意が必要です!
 

※原因3,皮脂の分泌量減少※

 皮脂の分泌量が多いのは夏です。
 それに比べて冬は皮脂の分泌量がガクッと少なくなります!!
 これが問題なのです!
 
 「皮脂は汚れ」だと思っている人も多いのですが、「頭皮にとて必要な皮脂」も存在しています!
 その大切な皮脂が「皮脂膜」を作って頭皮を乾燥から守ってくれているのです◎
 
 皮脂が少なくなる冬の頭皮は潤い不足で乾燥してしまうのですね!!

※原因4,ドライヤーの間違った使い方※

 冬は洗髪後の髪の毛が乾きにくい季節でもあります。
 そのため、ドライヤーの使用時間が長くなったり、早く乾かそうと頭皮や髪の毛にドライヤーを近づけ過ぎたりします!
 しかし!ドライヤーの温風は頭皮を過剰に乾燥させてしまうので要注意なのです!!

※原因5,温度の高いお湯での洗髪※

 油がついた食器を洗うときはお湯を使いますよね?
 それはお湯が油を浮かせて落とすのに効果的だからです。

 冬の洗髪時、寒いのでいつもより熱めのお湯でシャンプーしませんか?
 冬になり皮脂の分泌量が唯でさえ減っている頭皮にこれはNGです!!
 必要以上の皮脂が奪われて更に乾燥しやすい状態になってしまいますよ!

これが冬の頭皮の乾燥の主な原因たちでした!

頭皮が乾燥すると頭皮環境に良くありません!!
乾燥して頭皮の皮膚がポロポロと落ちる…フケの心配も出てきます!

それだけではありませんよ!!

女性だって頭皮の乾燥が元で髪の毛の成長に危険が出てくる恐れが十分にありますよ!
それは頭皮の乾燥が「髪の毛を育てる細胞」を衰えさせるからです!!

すると育毛に悪影響が出て、髪の毛が育ちにくくなったり、成長途中で抜けてしまったりしますよ!!

また、乾燥は老化現象の始まりとも言われています!
お肌もハリや潤いがないと、シワやシミが出来て老けて見えますよね?

髪の毛にも老化現象があり、それは土台である頭皮環境に影響されやすくなっています!!
乾燥が原因で若い女性でも抜け毛が増えて薄毛が進行することもあるのです!

頭皮が乾燥する恐ろしさがお分かり頂けたでしょうか??

原因が分かったらそれを防ぐための方法を知る必要がありますよね!!
と言うか、知りたいですよね!!

スポンサーリンク


頭皮を乾燥から守るための方法を見ていきましょう☆

冬の頭皮の乾燥を防ぐ方法

冬はとにかく「乾燥対策」が必須です!!!
頭皮の乾燥を防ぎしっかりとした「頭皮ケア」をしていきましょう☆

冬の基本、「部屋の保湿」が大切!!

室内の温度を適度に保ちましょう!
そして、暖房による空気の乾燥を防ぐために「加湿」が絶対条件です!!
加湿器などを部屋において湿度に気を付けます◎
そうですね…目安としては「湿度45%~60%」くらいあれば大丈夫でしょう!
最近では加湿器にも色んな種類がありますよね。
アロマオイルを使用して香りを楽しみながら加湿するタイプ、ペットボトルに差すだけで加湿できる電気を使わないタイプ…。
お部屋の広さや好みに合わせて選ぶのも楽しいと思いますよ♪

「髪の毛と頭皮への水分補給」も忘れてはいけません!!

乾燥した室内にいて「あ、空気が乾燥しているな」と感じたら、髪の毛と頭皮に水分をあげましょう!
やり方は、霧吹きで軽く水分を頭に吹きかけるだけです◎
この時、吹きかけ過ぎには要注意ですよ!
髪の毛が湿りすぎると今度はホコリが頭に付着しやすくなってしまいます!!
軽く霧を降らす程度の水分分量でO,kです☆
霧吹きならお手頃価格で手に入りますし、ミニサイズなら鞄に入れて持ち運びも可能ですね!

保湿と言えばコレ!「頭皮専用の保湿ローション」と「オイル」!!

乾燥した頭皮のケアにも使えるアイテムとなっております!
頭皮専用の保湿ローションは、頭皮のことを考えて配合された成分で作られていて安心です◎
しっかりとした保湿が可能になるので、乾燥による頭皮トラブルを防ぐことも出来ますね♪
オイルは、「椿油」や「オリーブオイル」などの頭皮に使っても低刺激なものを選びましょう!!
これらのオイルを頭皮全体に馴染ませるように「頭皮マッサージ」をします☆
洗髪後、髪の毛をしっかり乾かした後に行えば頭皮の乾燥ケアになるでしょう!

「シャンプーの選び方」「洗髪の仕方」「乾かし方」もポイントですよ!!

シャンプーは髪の毛や頭皮に優しい「アミノ酸シャンプー」「弱酸性シャンプー」「オーガニックシャンプー」などを選びます☆
これらのシャンプーは洗浄力が優しいので「皮脂の落としすぎ」が起こりにくく、保湿効果もあるのでオススメです!
ただし、洗浄力が優しいシャンプーはササッと洗うだけだと汚れの洗い残しが起こりやすいので要注意!!
洗髪の時は「指の腹を使って頭皮を意識しながらマッサージするように洗う」ことが大切です◎
毛穴に詰まった汚れが落ちやすくなり、頭皮の血行不良が改善されます♪
この時シャンプー液は泡立ててから使いましょうね!
そして、熱めのお湯で洗髪しないように気を付けましょう!
乾かす時はまずしっかりとタオルドライをしましょう◎
髪の毛の水分をこの段階で十分にとっておけば、乾かす時間が短縮出来ますよ♪
ドライヤーで乾かす時は「最低でも髪の毛から20cm離して使う」ようにします!!
熱による乾燥を防ぎ、髪の毛や頭皮への刺激を減らしてあげましょうね☆
タオルを頭にかぶせて、その上からドライヤーをする方法もオススメですよ◎

このようにして「乾燥対策」と「頭皮ケア」をしていきましょう!

冬(11月、12月、1月、2月、3月)の頭皮の乾燥する原因と防ぐ方法まとめ

冬の乾燥ケアは徹底して行う必要があります!!
頭皮だって冬は乾燥が進み、それによって様々なヘアトラブル・頭皮トラブルが起こりがち…。

頭皮という場所は意識していないと関心がいかないので、ケアをしている女性は少ないかもしれません。
しかし、頭皮ケアはヘアケアと並行して行って欲しい大切な事なのです!!
「頭皮の健康は髪の毛に繋がっている」…そう覚えておいてほしいと思います◎

1年の中で1番空気が乾燥する季節です。
頭皮も季節に合わせてケアしましょうね!!
冬だと「保湿・加湿・潤い」が乾燥から頭皮を守りケアする為のキーワードです☆

この記事に書いてあることが少しでも参考になっていたら幸いです。

そうそう!
頭皮の乾燥を防ぐには日常生活の見直しも大切ですよ◎
ストレス・喫煙・飲酒などは血行不良を引き起こします!!

睡眠不足も良くありません!良質な睡眠をとるように心がけて下さいね!!
また、頭皮を冷やさないこともポイントです☆

寒い時の外出はニットなどの帽子を被ることをオススメしますよ!

乾燥が進行していてフケ・痒み・酷いかさつき・湿疹などの異常が見られる時は、必ず皮膚科へ行って下さいね!!
何らかの皮膚病になっている可能性があるので、自己判断で放置したりしないようにお願いします!!

冬に負けない健康な頭皮環境を作っていきたいですね◎

 - 11月, 12月, 1月, 2月, 3月, お風呂で, シャンプー, ハネやすい, ヘアケア方法, 主婦, 傷みやすい, , 切れ毛, 夜のヘアケア, 子育て中, 抜け毛, 敏感肌, 枝毛, 栄養, 毛先パサつき, 美髪になる方法, 薄毛, 貞子みたいな髪, 頭皮ケア, 髪が乾燥しやすい, 髪でこぼこ, 髪のボリュームがない, 髪の静電気対策, 髪ギシギシ, 髪バサバサ , , , , , ,