30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

つるっとした感触の髪から乾燥のひどい髪になりました。

      2016/06/30

ec31644def198d47dd24b7cdc2ce5d65_s
29歳会社員

子供のころから髪に艶があり、細めで髪ゴムが滑り落ちる程つるっとした感触の髪でしたが、大人になるにつれ、乾燥がひどくなってきました。 

美容師さんには、髪のキューティクルが多いので、つるっとした手触りと言われました。

でも、そのせいで、ふわふわした髪質だと決まる髪型も、私の髪だとペタっとなって動きが出ません。 
髪色も黒く、ペタっとなるので、ともすると金八先生の髪型になってしまいます。。。

ヘナとシカカイシャンプー

以前海外在住だったときは、紫外線も強い場所でしたが、よくヘナをやっていたためか、髪が乾燥することはあまりありませんでした。 

ヘナをして、シカカイというハーブでできたシャンプーを使うと、髪がとても強くつやつやになります。

日本では、アフタートリートメントといって、洗髪後に付けるヘアオイルが主流ですが、その土地ではシャンプー前に髪全体がしっとりするほどオイルを塗布し時間を置きます。主に、ココナッツオイルやなたね油などです。1,2時間置いて、もしくは夜に塗布し、朝洗髪すると、驚くほど髪につやがでます。艶が欲しいなら、お勧めはココナッツオイルです。

これをやっていた時期は、日本でパーマをかけることもカラーをすることもなかったので、より効果が表れやすくなったのでは?と思います。

実は、私の髪の色は子供のころは栗色で、日に当たると茶色く、その色素の薄さが自慢でもあったのですが、このヘナとシカカイというハーブを使っている間に、髪色が真っ黒になってしまいました。インド映画の女優さんのような真っ黒でつやがあり、太くこしのある髪です。 

海外在住時は、その髪質が良いとされていたのでよかったのですが、日本に帰るとふわっとした髪型、ゆるめのパーマ、後れ毛が出ていて抜け感のあるアップ髪などが良いとされているので、困ってしまいました。それで、ヘナをやめて(まぁ日本は忙しくてヘナを自分でやっている時間がないというのもありますが・・)、シャンプーも日本のノンシリコンのものを使い、パーマをかけたりして、日本風の髪型に近づくのを試みてみました。 

もともとのキューティクルの多い髪

でも、もともとのキューティクルの多いしっかりした髪質と、ヘナなどのハーブの力でさらに強くなった今の髪では、ふわっとした髪型がまったく実現できません!

でも、パーマやオイルケアを怠ったつけはしっかりときて、艶もなくなってきて、ただの固い黒い髪になりつつあります。それだけは阻止したい!と願うのですが、そしたら日本風のふわふわヘアスタイルをあきらめて、黒い艶のあるぼてっとした髪型に甘んじるか、いや艶はなくなったとしてもカラーやスタイルが今風だったら素敵に見える!と開き直って髪を傷めまくるか、悩みは耐えません。

猪毛のヘアブラシ

少しでも現状を打開すべく、最近猪毛のヘアブラシを購入してみました。 

これが、なかなかいい感じ。ブラッシングがしやすいですし、気持ちがいいです。 
お風呂前にブラッシングして、オイルを塗布し、シャンプーすると、気持ち髪質が柔らかくなった気がします。 

でも、あまりとかしすぎると、さらに髪がペタっとなっていくので、ヘアセットする朝は、軽くブラッシングして、そのあとムースを付けてドライヤーを当て手ぐしでふんわり感を出すよう心がけています。
あぁ、猫毛の人がうらやましい・・と思ってしまいますが、猫毛の友達はそれはそれでペタッとなるようで、一長一短ですね。

自分の髪質を活かすことを目標に、今の髪質の原状を見極めて、足りないものは補って、でもつけすぎないのがいいのかなと思います。

もともとは、手触りの良い細めの髪だったので、できるだけそれに近づける様、ケアも色々なものを手当たり次第やっていくのではなく、原点に戻りシンプルにやっていきたいです。

 - くせ毛, シャンプー, トリートメント, ヘアケア体験談, 夜のヘアケア, 太くしっかりの髪, 毛先パサつき, 髪のボリュームが出やすい, 髪ギシギシ, 髪バサバサ, 髪質の変化 ,