30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

枝毛に不足している栄養とは?改善する食べ物・食事メニューとは?

   

bfc4d40eb79d001a11486a3f022a5189_s
最近ふと思い出したことがあります。
私がまだ中学生の頃、髪が腰くらいまで長い友達がいました。
彼女の癖は自分の髪にできた枝毛を裂いて遊ぶこと…
私もやらせてもらったことがあるのですが、今思うとなんて恐ろしい!!

スポンサーリンク







「なんか最近、頭がくさいかも~」
「抜け毛が増えてるかも~」

って30代女性は読んでみてください。 ↓↓

>>頭がくさい30歳クセ毛独身女の抜け毛に【無料で6本まで試せる育毛剤】を使ってみた結果

彼女のように枝毛を裂くのが癖になってる人もいると思いますが、
枝毛を裂くなんてやってはいけないことです!
枝毛を裂くと他の髪より細くなってしまいまとまりにくくなってしまいますし、
直接的な悪影響はないにしても、傷んでできた枝毛に追い打ちをかけるようで悲しくなりますね。
中学時代に戻れるならダメだよってあの頃の彼女に教えてあげたいものです。

枝毛の原因

ではそもそも何故、枝毛はできてしまうのでしょう?
何が原因なのでしょうか?

私個人的にも気になってきたので書いていきたいと思います。

まず枝毛はキューティクルが傷むことで生まれます。
キューティクルとは、髪の毛一本一本の表面にあるウロコ状のもので、
髪の毛の内側にある水分を守ってくれています。

しかし外部からの刺激…例えば紫外線やドライヤーの熱などで傷んでしまうと
キューティクルが剥がれてしまい水分が保てなくなります。
そうすると髪が乾燥して毛先が裂けやすくなり、枝毛となってしまうのです。

でも枝毛ができる原因は本当に外部からの刺激だけなのでしょうか?
ひょっとしたら何か足りてない栄養があるのでは??
もし内側から進行を防げるなら知りたいですよね!
だって枝毛はできたら元には戻りません。

こうなる前に色々考えていきましょう!
枝毛のある人も次からは綺麗な髪で「枝毛ゼロ」を目指してこの記事を参考にしてみて下さいね。

枝毛が増えた時、不足している栄養素とは?

髪の美しさを維持するには「タンパク質」が欠かせません。
私達の髪の毛はタンパク質でできています。

タンパク質は肉、魚、お米、乳製品、大豆製品などに多く含まれています。

しかし過度なダイエットなどで十分に摂れていなかったりします。
そうなると髪の毛先まで栄養であるタンパク質が行き渡るなんて無理ですよね?
ひどい人は拒食症(食べることを拒否する病気)になってしまい、
髪の毛がごっそり抜けてしまう…なんてことも。
そうならなくても栄養不足でパサパサの毛質になってしまうのです。

やはり外側からだけのケアに頼りすぎず、内側からしっかり栄養を摂らなくてはなりませんね!
では栄養を髪にきちんと行き渡らすにはどうしたらいいのでしょう?
何か方法はないのでしょうか?

髪に栄養を行き渡らす方法とは?

髪を美しく保つにはタンパク質だけが必要…というわけではありません。
もちろん食べる栄養の摂り方と平行して行っていただきたいのは、ヘアケア、です!

キューティクルが傷んでくると髪が潤いを失くし乾燥して枝毛の原因になる…
ではそのキューティクルもしっかり守ってあげなければなりませんね!
トリートメントやヘアオイル、UV効果のあるワックスなどで保護してあげましょう。

また、ドライヤーの熱で傷むことがありますが自然乾燥は絶対にいけません!
自然乾燥は髪の内側の水分まで一緒に乾燥させてしまいます。
ドライヤーをかけるときは洗い流さないトリートメントや、濡れた髪に使えるヘアケア用品などを使って、
髪の毛を余計な熱から守ってあげましょう。
正しくドライヤーを使ってその熱の力でキューティクルに水分を閉じ込めてあげてください。

食べることとヘアケアをすること…
両方とても大切なのです。

そしてもうひとつ。
ストレスの悪影響をできるだけ受けないことも大切です。
せっかく頑張って栄養を摂ってもストレスのせいで吸収が上手くできない…
ということになりかねません。

しかしストレス社会と呼ばれる今、ストレスを受けないなんてできませんね。
自分に合ったやり方のストレス解消法を見つけて対処するしかないでしょう。
友達と遊んだり、音楽を聞いたり、読書や散歩、スポーツ、映画鑑賞…
リラックスできる時間を作って下さいね。

そうやって自分をメンテナンスしながら生活のバランスを整えていけば身体も髪も元気になります。

枝毛を改善する食べ物・食事メニューとは?

栄養不足で傷んでしまった髪は先程も書いたように食生活の改善で回復させることができます。
過度なダイエットをしている人は自分の食生活を見直して、
栄養のバランスを考えた食事に切り替えるようにして下さい。

どうしてもカロリーが気になる、という人には低カロリーで高タンパクな食品をオススメします。
例えば鶏のささみ、豆腐、鱈、そら豆、エリンギなど…
調べてみて下さい!たくさんあります!
なので極端に食べないダイエットは髪にも身体にも悪いのでやめて下さいね。

では具体的にどのようなメニューがあるのか。
少し例を挙げていきましょう!

まず髪にいい食べ物ですが、

 肉類、魚類、大豆製品、乳製品、わかめ、ひじき、玄米、ごま、ナッツ類、
 にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、レモン、オレンジ、柑橘類、山芋、里芋、
 レンコン、納豆、卵などなど。

以上の食べ物はタンパク質、アミノ酸、ヨード、ビタミンE,A,P、ビタミンB群、コラーゲンなどの
髪にいいとされるものを多く含んでいる食品です。

これらを使ってメニューを考えるとしたら…例えば、

 魚の塩焼き、野菜サラダ、豆腐のお味噌汁、ひじきの煮物、黒ごまのお粥
 そら豆の黒焼き、鶏むね肉のマヨネーズ焼きなどなど。

こうやって見てみると和食を中心にすればバランスよく必要な栄養が摂れているように思います。
みなさんも簡単なところから挑戦してみてください!
 

枝毛の改善~食事まとめ

因みに、枝毛はできたら治らないので、できているところから3センチくらい上は切るしかありません。

そうならないためにも枝毛のない綺麗な髪を作る色々な努力が必要なんですね。
女性たるもの「髪は女の命」とも言いますし、ちゃんと考えていかなくてはなりませんね。
ボサボサパサパサの髪と、つやつやさらさらの髪、どちらが欲しいですか?
そう聞かれれば答えは決まってますよね!

内側からも外側からもしっかり栄養を与えて枝毛のない美しい髪の毛を手に入れて下さい。
毎日コツコツと、が大切です。
自分を磨くようにコツコツと、ですよ!

 - ハネやすい, 傷みやすい, 枝毛, 毛先パサつき, 髪が乾燥しやすい , , , , , ,