30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

パウチサイズの小さい乳液が余ったら髪の毛に付けるのは良い?悪い?べたつきの原因になる?頭皮にはOK?

      2018/10/03

パウチサイズの小さい乳液が余ったら髪の毛に付けるのは?

試供品や雑誌の付録なんかに付いてくる
小さなパウチサイズのスキンケア用品って、
意外と使い道に困りませんか?

お肌に合わないと分かっているものは使えない、
でも捨てるのは勿体無い…。

特に残りやすのは、
一度にたっぷりと使える化粧水に比べて、
少量ですんでしまう乳液ですよね?

筆者も化粧水の方が先になくなって、
乳液だけいつまでも使っている…
ということがあります。

そこで
『余った乳液ってどうにか使い道がないものか?』

と調べていると、

『乳液を髪の毛や頭皮のケアに使うのは有り?』

というお悩みを発見。

もし本当に使えるのであれば、
乳液を有効活用できるので嬉しいですよね。

 

なので今回は
「乳液は髪の毛や頭皮のケアに使えるのか?」
という疑問をテーマにして見ていこうと思います。

・乳液を髪の毛に付けるのは良いのか?悪いのか?
・もし付けれるのなら正しい付け方はあるのか?
・でも、乳液のタイプによっては髪の毛のベタつきの原因になるのではないか?
・頭皮に付けても大丈夫なのか?

果たして乳液は、
髪の毛や頭皮のケアに使用しても良いのでしょうか?

スポンサーリンク







「なんか最近、頭がくさいかも~」
「抜け毛が増えてるかも~」

って30代女性は読んでみてください。 ↓↓

>>頭がくさい30歳クセ毛独身女の抜け毛に【無料で6本まで試せる育毛剤】を使ってみた結果

パウチサイズの小さい乳液が余ったら髪の毛に付けるのは良い?悪い?正しい付け方は?

乳液を髪の毛のケアに使っても良いのかどうか…。

実はコレ、有りなんです!

しかも、乳液をヘアケアに使うと嬉しい効果が満載◎

 

どういうことなのか見てみましょう。

乳液には、
「油分」「乳化剤」「保湿成分」
などの成分が入っています。

そもそも乳液はお肌の保湿のケアに使うものなので、
水分を閉じ込めて潤いを守る効果には定評があります。

そして、この乳液の3つの成分はお肌だけではなく、
なんと髪の毛を健康に保ち、
尚且つ美しく見せてくれる働きをしてくれるのです!

乳液をヘアケアに使うと起こる良い作用

乳液が髪の毛に与える作用とは…

髪の毛のパサつきを予防してくれる

髪の毛のパサつきで悩んでいる人って多いですよね?

このパサつきの原因には
「髪の毛の乾燥」があります。

実は筆者の髪の毛はクセ毛なので
乾燥しやすいタイプ。

パサついて広がったりうねったり…
潤いのない髪の毛がコンプレックスでした。

乳液の3つの成分は、
乾燥しがちな髪の毛の深部にまでしっかりと染み込み、
乾燥を予防しながら潤いのある髪の毛へと導いてくれますよ!

また、毛量が多くてまとまりにくい髪の毛に使用すると、
サラサラの落ち着きのあるヘアスタイルに仕上げることが可能です。

髪の毛を外部の熱から守ってくれる

髪の毛は外部の刺激に常に晒されています。

例えば、
「夏の暑い日差し」
「強い紫外線」
「ドライヤーの熱」
などです。

こうやって見てみると
髪の毛が熱を浴びる機会が
意外と多いことがよく分かりますよね?

このような熱ダメージによって、
髪の毛を保護しながら潤いを閉じ込める働きをする
「キューティクル」は傷ついていきます。

キューティクルが傷んでしまうと、
髪の毛が乾燥する原因にもなるので要注意ですよ。

髪の毛に乳液を付けることで、
乳液が髪の毛の表面を覆ってくれ、
熱などの外部の刺激から守ってくれます。

これは乳液を
“洗い流さないトリートメント”の
“ミルクタイプ”
として使っているのと同じようなこと。

乳液はトリートメントの代わりにできるのですね。

寝癖直しになる

乳液は寝癖直しにも効果的。

急いでいる朝に限って
寝癖って付いてしまうので厄介ですよね。

寝癖直しって結構手間がかかるし、
忙しい時にはめんどくさく感じてしまいます。

ササッと寝癖を直したい…
そう思っている時にも乳液は大活躍!

百均などで売っている
“スプレーボトル”
を用意し、

そこに水で薄めた乳液を入れれば
「簡単☆乳液の寝癖直しスプレー」
の完成です。

このスプレーを寝癖が気になる部分に
シュシュッとすれば
寝癖直しもいつもよりラクになりますし、

市販の寝癖直しを買う必要もないので経済的◎

スタイリング剤の代わりになる

乳液は柔らかくクリーミーなテクスチャなので
スタイリング剤の代わりにはならない…
と思いますよね?

確かに
硬めのワックスのようなキープ力はないかもしれませんが、
乳液はヘアスタイリング剤としても全然使えるのです。

ヘアスタイルを固めてキープすると言うよりも、
広がってくる髪の毛を自然な形でまとめることに適しています!

乳液ならワックスやムースのように
手がベタベタしないので、
お出かけ先のお直しにも便利だし、
スタイリングしながらヘアケアになるのが嬉しいです。

旅行用の小さなボトルに入れて持ち歩くのがオススメですよ。

…このように、
乳液は髪の毛に良い作用があるので
ヘアケアに使えることが分かります。

乳液の保湿効果は髪の毛にも有効なのです!
これでもう余った乳液の使い道に困りませんね。

そんな乳液を髪の毛に使う時の基本的な使い方は…

・乳液を傷みやすい毛先を中心に髪の毛に馴染ませていく

・付ける時は大量に付けないように、少量ずつを手にとって髪の毛の状態を見ながら塗布していく

…という感じで簡単です。

これなら今日からすぐに試せますよね。

普段髪の毛のケアをあまりしない人でも
乳液なら持っているでしょうし、
是非やってみて下さい◎

でも、乳液を付けて髪の毛はベタベタにならないのでしょうか?
乳液のタイプによっては気を付けないといけないの?

髪のべたつきの原因になる乳液タイプってあるの?

髪のべたつき原因になる乳液

気になって調べてみましたが、
これに関してはあまりいい答えが見つかりませんでした。

むしろ、どちらかと言うと
“乳液のタイプ関係なく使用可能”
…という感じでした。

ただ、どんな乳液でも
髪の毛に使用する時は「少量ずつ」が大切!基本!

乳液は保湿効果に優れているので、
ドバッと付けるのは髪の毛がベタベタになる原因なのでNGですよ。

なので必ず、
少量を手のひらに取って
良く伸ばしてから髪の毛に塗布していきましょう◎

乳液の量が足りない場合も、
髪の毛の様子を見ながら
少しずつ足していく感じにして下さいね。

また、
乳液は髪の毛専用じゃないから少し心配
と思っている人もいるでしょう。

この場合、乳液は日中のケアだけに使うようにして、
お風呂上がりの夜のヘアケアには
髪の毛専用のトリートメントを使えば大丈夫です。

日中のケアだけなら
夜にシャンプーすれば乳液の成分を洗い流すことができますからね。

どんな乳液でも「少量ずつ」使えば
ヘアケアに一役買ってくれるでしょう!

乳液が髪の毛に良いことは分かったけど、
頭皮にはどうなのでしょうね?

保湿効果が高いということは、
頭皮の皮脂と相性が悪いのでしょうか?

乳液は頭皮に付けても良い?ヤバい?

乳液は頭皮ケアにも使えることが分かりました!

特に
「乾燥で頭皮が痒くなってしまう人」
に乳液はオススメですよ◎

この乳液による頭皮ケアは
NHKの番組”あさイチ”でもすでに紹介されています。

頭皮の乾燥対策には専用の「頭皮用オイル」を使うのが定番ですよね。
しかし、乳液でも頭皮用オイルの代用は可能です。

 

頭皮への乳液の使い方

使い方は至ってシンプル。

シャンプー後にタオルドライをしたら、
指先に乳液を適量取って
頭皮(地肌)の乾燥が気になる部分を中心に
優しく塗り込んでいくだけ◎

この時、頭皮を優し~くマッサージするように
塗り込んでいくのがポイント。

大量に塗りすぎないように、
少量ずつを何回かに分けて塗るようにして下さいね!

因みに、
頭皮に使う乳液は「顔用」でも「体用」でもOKですよ。

試供品や余った乳液を
余すところなく使えるのでオススメです。

頭皮の乾燥防止になるので、
頭皮環境改善になって
髪の毛にも良い効果が期待できるでしょう。

頭皮ケアは男性だけじゃなく
女性にとっても大切なケアです。

頭皮と顔の皮膚は繋がっているので、
頭皮ケアができていれば
顔のたるみを改善することにもなります。

ただし、頭皮マッサージのやり過ぎには注意も必要!

頭皮の血行促進になるマッサージはオススメなのですが、
やり過ぎると頭皮が伸びてしまって
逆に顔のシワが増える…
なんていう報告もあります。

乳液を使ってマッサージする時も、
強い力で揉み込んだり、
爪を立てて頭皮を傷つけたりしないように気を付けましょうね。

実際に乳液を使って頭皮ケアをした人がいます。

その人は乾燥肌タイプで、
冬になると頭皮まで痒くなって、フケに悩んでいたそうです。

乳液を頭皮に使ってみたところ、
頭皮の乾燥対策になって良かった…
と言っていましたよ◎

それに、乳液で頭皮ケアをして髪の毛を乾かしてみたら、
髪の毛もサラサラになって気持ちが良かったようです。

頭皮に塗布した乳液が
髪の毛を伝ったことでヘアケアにもなったので、
このような効果を感じたのでしょうね。

筆者も乳液が余りがちなので、今度からは余った乳液をヘアケアと頭皮ケアに活用しようと思います!

パウチサイズの小さい乳液が余ったら髪の毛に付けるのは良い?悪い?まとめ

まさか乳液がこんなに役立つアイテムだったなんて。
筆者もビックリしています。

今回は「パウチサイズの小さい乳液が余ったら髪の毛に付けるのは良い?悪い?べたつきの原因になる?頭皮にはOK?」というタイトルで記事を書いてきました。

いかがでしたか?
乳液を髪の毛と頭皮のケアに使ってみたいと思えたでしょうか?

乳液をヘアケアとして使うと…


・髪の毛のパサつきを予防してくれる
・髪の毛を外部の熱から守ってくれる
・寝癖直しになる
・スタイリング剤の代わりになる

…要するに、
トリートメントと同じような効果を与えてくれるのです。

それだけじゃなく、乳液は乾燥した頭皮のケアにも使えます。
頭皮ケアって大切ですからね!

ヘアケアと合わせて毎日行いたいものです。

乳液なら髪の毛と頭皮で別けて使う必要もないので便利ですよね!

余った乳液を捨てる前に、ヘアケアと頭皮ケアに使ってみて下さいね。

 - ヘアケア体験談, ヘアケア方法, 夜のヘアケア, 大人の悩み