30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

脱毛サロンが怖い12コの理由と安心な解決策!!

   

脱毛サロンが怖いという理由と向き合ってみました。

女性が気になるムダ毛。
いつも綺麗でいたい人にとって「脱毛サロン」は今や欠かせないものとなっていますね。

自分でこまめに処理したりケアするのが面倒くさい場合も、脱毛サロンはとても便利です。

しかし、そんな脱毛サロンに漠然とした「不安」や「怖い」というイメージを持っている女性もまだまだたくさんいるようです。

 

そこで今回のテーマは「脱毛サロンが怖い理由と、その解決策」に決定!

スポンサーリンク







「なんか最近、頭がくさいかも~」
「抜け毛が増えてるかも~」

って30代女性は読んでみてください。 ↓↓

>>頭がくさい30歳クセ毛独身女の抜け毛に【無料で6本まで試せる育毛剤】を使ってみた結果

 

  • 何故、脱毛サロンは漠然とした不安や、そこからくる怖いというイメージが根強いのか?
  • そもそも一体どんなところに怖いと感じてしまうの?
  • 脱毛サロンに対するそれらマイナスイメージはどう解決したら良いのか?
  • 脱毛サロンで契約したは良いけど、クーリングオフをしたい時はどういう手順を踏むべきなのか…?

以上のような脱毛サロンに対する怖いイメージについて調べて見ようと思います。

ではまず最初に、脱毛サロンが怖い理由とその解決策から見ていきましょう◎

脱毛サロンが怖い12の理由と解決策


女性の身だしなみでもあるムダ毛処理。
自宅でセルフケアをしている人もいますが、ここ最近で「脱毛サロン」がムダ毛処理の主流になってきています。
脇などは比較的お安く施術ができるようで、大人の女性に限らず女子高生なんかも気軽に脱毛サロンに通っています。

そんな脱毛サロンのマイナスイメージである「怖い」には、以下のような意見が多く上がっていました。

脱毛サロンが怖い12の理由

  • 勧誘が怖い
  • 総額料金・追加料金が怖い
  • 痛みが怖い
  • 色素沈着が怖い
  • 毛嚢炎が怖い
  • 硬毛化・多毛化が怖い
  • 長く通っても終わらないのが怖い
  • また生えてくるのが怖い(サロンで永久脱毛はできない?)
  • 脱毛前後は日焼けができない
  • 産毛への効果が怖い
  • 予約が取れないのが怖い
  • 脇脱毛でニオイがきつくなることが怖い

確かに誰もが感じそうな脱毛サロンに抱きやすい不安要素ですよね。

では、これらの脱毛サロンが怖い理由と解決策を見ていきましょう!

1、勧誘が怖い

脱毛サロンに行くと巧みな話術でしつこく勧誘されて、断りきれなくなって高額の契約をしてしまいそう
こんな「脱毛サロン=勧誘がしつこい」という怖いイメージは、噂で聞いたりドラマで見たりして誰もが持っているでしょう。
確かに一昔前までは勧誘がしつこくて高額契約をしてしまった…なんて話もよくあったのですが、現在は果たして?

現在の脱毛サロンでも勧誘はもちろん存在しています!

これは脱毛サロンの仕事の一つで、今も昔も仕方のない行為。
なので、勧誘はあって当たり前だと思っておいたほうが良いのです。
   
解決策

脱毛サロンで勧誘されてしまった時は、『契約したくない』というハッキリとした意思を持って、それを相手に確実に伝えることが大切です!
『相手に悪く思われたくないな』とか『せっかく良くしてくれているしな』とか、気を使っているとNG。
勧誘してくる人が『あ、この人はもう一押すれば契約してくれるな』と考えて、ますます勧誘がエスカレートしてしまいますよ。
なので、勧誘されているなと思ったら、ハッキリとした態度で『契約はしません』と言い切って良いのです◎
向こうは仕事だけど、こちらはお客様なんですから、気を使うことなく毅然とした態度で意思を伝えたほうが、お互いに良い関係が作れるでしょう。
慣れない場所、慣れない空間で緊張したり、萎縮してしまって気持ちが上手く伝えられなくなるかもしれません。
ですが、「脱毛サロン側とお客様であるこちら側の立場は対等」、ということを忘れずに、嫌な勧誘はハッキリお断りしましょうね。

と言っても誰しもハッキリ断れる性格ではありませんよね。

そのような場合は、あらかじめ勧誘はしません!と言い切っている脱毛サロンを選ぶことが大切です。

言い切っている(公表)という事は企業としての約束となります。
これを破って勧誘を行えば大きな企業責任となりブランド崩壊にもつながります。

大手の脱毛ブランドであり
しっかりと勧誘なしを公表しているサロンを選ぶのが安心
です。
【勧誘なしと公表している脱毛サロン】

2、総額料金・追加料金が怖い

キャンペーンなどで0円、無制限などが多いですが、キチンと契約するとなると決してお安くない脱毛サロンのイメージ。
やはり多くの人が怖いと思っているのが、総額料金や追加料金…つまり払うお金のことです。
  
脱毛の場所やコースによってもお値段は異なってきます。
最近は脱毛サロンの普及からかお値段も下がってきてはいますが、それでも全身脱毛で約20~30万以上することも多いのが事実。
総額料金もお高く感じるのに、そこに追加料金が加わったら…なんて考えると怖いですよね。

解決策

総額料金のお支払の場合は「ローンを組むことができる」のが救いです。
20~30万以上ともなると一括払いはお財布に響きますし、その後の生活もカツカツになりますからね。
なので、脱毛サロン側も考えてローンを組んで分割払い対応をしてくれますよ◎
分割にした場合だと、例えば、月々1万円から~のように、自分で確実に払える金額を調節することができます。
「どの施術をしたら総額料金がどのくらいになるのか?」をあらかじめ脱毛サロン側に確認しておくと、計画的なお支払も苦じゃないはずです。
   
追加料金を後から請求されそうで高額になるのが怖い…この不安な気持ち、わかります。
一昔前は、脱毛サロンやエステなんかの話を聞くとよくこんな噂が流れてましたもんね。
最近では、急な追加料金で高額請求された~なんてことはほどんどないと言われています。
それでも、例えば、『契約○回で、○○円』という契約内容の場合は、回数を増やすごとに追加料金が発生するので要注意!
こうならないためには、カウンセリングの時にしっかりと施術料金を確認しましょう!
脱毛サロン側もトラブルを防ぐために、カウンセリングを行う際に施術料金をきちんと提示してくれます。
受ける施術がどういった契約内容なのか?」、施術に入る前にこれをしっかり確かめておく必要があります。

 

3、痛みが怖い

脱毛の時に起こるであろう痛みに対する怖さってありますよね?
痛みに対して弱い人は勿論、敏感肌だったりアトピーなどの肌トラブルを抱えているなら特に心配なはず。
脱毛には大きくわけて2つの種類があります。

・クリニックで行われる「医療レーザー脱毛」
・サロンで行われる「フラッシュ脱毛(光脱毛)」

この2つの大きな違いは、使われる”機器の出力”の違いです。
クリニックの医療レーザーの方が強力で、サロンのフラッシュの方が弱い…と言われています。
なので、クリニックの施術の方が痛みを強く感じ、サロンの施術の方は痛みの心配はまず要らないのです!
そのかわり、サロンのフラッシュ脱毛は出力が弱いため、脱毛終了までに長い時間がかかります。

解決策

脱毛サロンの施術の痛みは怖がるような痛みではないということが分かりました。
それでも心配な場合は、最初に脱毛する場所を「脇」にして、ワキ毛脱毛で痛みの度合いをチェックするのがオススメです◎
何故なら脇は「痛みを感じやすい場所」だからです。
その脇で試してみて痛みの度合いを知れば、他の場所を脱毛しても乗り切ることができるでしょう。
脱毛の世界では『痛みは効果の証』とも言われていますから、酷すぎない痛みなら多少の我慢は付き物かもしれませんね。
とは言え、もし痛すぎてどうしようもない場合は、施術を中断して脱毛サロン側と要相談しましょうね。
アトピーや敏感肌の場合も事前に相談しておくと良いでしょう。

4、色素沈着が怖い

脱毛に行って肌トラブルに巻き込まれるのは嫌。
基本的に大手の脱毛サロンやクリニックでは、施術前後のお肌のケアについてきちんと説明してくれるものです。
しかし、施術直後のお肌はいつも以上にデリケートになっているので、予想外の肌トラブルを起こすケースもあるのが現実。
その中でも「色素沈着」を怖いと思っている人が多いようです。

解決策

色素沈着などの肌トラブルを回避するためにも、施術前のカウンセリングや肌ケアについての説明をよく聞きましょう!
そして、分からないことがあったり説明不足に感じた点は、自分からも脱毛サロン側の人にしっかり確認することをオススメします。
因みに、施術後の色素沈着などの肌トラブルにならないために注意するべきことの例をいくつか挙げるなら…

例)
・紫外線に当たらないように気を付ける
・飲酒をしない
・激しいスポーツは避ける
・ぬるめのシャワーはOKだが、湯船に浸からないようにする(温泉もNG)
・身体を力強くゴシゴシと洗わないようにする
・施術後の毛根は熱がこもりやすくなっているので、お肌を冷やしたり、保湿をしっかりするなどのケアが必要
・スクラブを使ったケアや、アカスリなどはお肌の負担になるのでお休みする

…などがあります。

恐らく施術前にこれらを含めた説明を受けるはずですので、言われたことはきちんと守るように心がけましょう◎
正しいケアができているかどうかが、色素沈着などの肌トラブルの回避につながります。
もし、色素沈着ができてしまっても、半年程度でシミが薄くなると言われています。
それでも心配な人は施術してもらった脱毛サロンに色素沈着ができたことを相談しに行くようにして下さいね!

また、肌トラブルはその日の体調やお肌のコンディションが悪くても起こることがあります。
色んな可能性を知っておくほうが、後々のトラブルにも対処しやすくなりますよ。
    

5、毛嚢炎が怖い

毛嚢炎(もうのうえん)とは、赤いぶつぶつとしたニキビのような炎症ができること。
汗をかきやすい部分に多くできると言われていて、軽度の場合は痒みや痛みはほとんどなく、自然治癒をするのが一般的です。
ただし、症状が酷いと発熱や痛みを伴うこともあるので油断は大敵!
この毛嚢炎ができるきっかけとして、主に「ムダ毛処理をした時」が挙げられます。
家庭で行うカミソリを使ったムダ毛処理は勿論、サロンやクリニックなどで行うレーザー脱毛や光脱毛、ワックス脱毛でもできる場合があると言われていますよ。
そのため、脱毛サロンで毛嚢炎になるのでなないかと心配する声も多くあるのです。

 

解決策

毛嚢炎は細菌感染で起こりやすくなるので、毛嚢炎にならないようにするためには以下のことに気を付ける必要があります。

・脱毛部位を清潔に保つ努力をする
・脱毛してしばらくはいつも以上にしっかりと保湿する
・免疫力が落ちると細菌感染しやすくなるので、疲れをためないようにする

脱毛サロン側も毛嚢炎についてカウンセリングの時や施術前後に丁寧に説明してくれるはずです。
基本的には施術後には炎症止めや保湿剤を塗ってくれるので、毛嚢炎率は低いとされています。
    

6、硬毛化・多毛化が怖い

硬毛化とは、レーザー脱毛や光脱毛を行った部分の毛が、脱毛前よりも太くなる現象のこと。
目立たなかったはずの産毛が黒黒とした毛になったり、あまり毛が生えていないような場所からも毛が生えだしたりします。

硬毛化の症例は非常に稀ですが、なってしまうと半年~1年は脱毛ができません。

多毛化とは、レーザー脱毛や光脱毛を行った部分の毛が、脱毛前よりも増えたり増えたように感じる現象のこと。
これは産毛が硬毛化して目立つようになることで、毛が増えたように感じるために起こるとも言われています。
 
せっかく脱毛してもこれでは元も子もありませんよね?
硬毛化や多毛化が怖くて脱毛する勇気が出ない人がいる理由も頷けます。

解決策

硬毛化や多毛化になる原因は、実は完全に解明されていないのです。
一般的に考えられているのは、脱毛する際に刺激された毛根周辺の組織の活動が破壊されずに、逆に活発化してしまうから…というもの。
そして、硬毛化や多毛化が起こりやすいとされている場所は、うなじ、背中、二の腕、肩付近など、もともと毛が細くて薄い場所だとされていますよ。
完全な原因が解明されていないので、残念ながら硬毛化や多毛化を防ぐことは非常に難しいでしょう。
なので、解決策として言えることは「硬毛化や多毛化になりやすいと言われている場所の脱毛を避けること」になります。
もちろんそれ以外の場所でも硬毛化や多毛化のリスクはあるので、それを理解した上で施術してもらうか、脱毛サロン側に相談してみると良いでしょう。

 

7、長く通っても終わらないのが怖い

施術に使用する機器の違いから、クリニックよりも脱毛サロンの方が長期間に渡って通う必要があります。
人によっては予定よりも長い期間脱毛に通わなければならなくなるので、これに不安や怖さを覚える人もいるようです。
何故まだ終わらないの?』『いつまで通い続けなければいけないの?』、などの疑問も多いようですね。

解決策

脱毛サロンに通うなら、まず長期間通うことになる覚悟を決めるのは基本です◎
平均して見てみると、脱毛サロンの脱毛完了までにかかる回数は12~18回だと言われています。
多くの脱毛サロンは2ヶ月に1度の来店をベースにしていますので、年数で考えると約2年間は通うことになります。
この事を知っておくことも、長期間通い続けるストレスを減らすことに繋がるでしょう。
また、脱毛のプランによって通う回数を少し減らすこともできるので、契約する時によく確認することもお忘れなく!
因みに、来店回数の間隔が短い脱毛サロンに通う、というのも手ですよ。
>>【業界最速】6ヶ月で脱毛完了の「ストラッシュ」
    

8、また生えてくるのが怖い(サロンで永久脱毛はできない?)

筆者の友人で脇の脱毛に通っている子がいます。
契約の時の説明では『早い人で8回くらい通えば生えてこなくなりますよ』と言われたらしいのですが、実際は通いはじめて約3年が経過しています。
今の状態は、通う前より毛が細くなってあまり生えなくなってきた…らしいのですが、3年くらい通っていても生えなくなることは無いようで…。

友人は毛が濃いタイプではありますが
例に考えてみても、サロンで永久脱毛は難しいように思いますね。
  
解決策

脱毛初心者さんは「脱毛サロンと言えば永久脱毛」というイメージを持っています。
しかし、結論から言えば、サロンでの永久脱毛はできないのです!
何故なら脱毛サロン(エステサロンとも言う)の脱毛は、医療行為ではないからです。
そう、脱毛サロンの施術のジャンルは「美容ライト脱毛」になるので、医師免許がないと行えない永久脱毛とは違うのです!
永久脱毛は厚生労働省によって医療行為に指定されています。
なので、サロンよりも効果的な永久脱毛を望むなら、医療脱毛の設備があるクリニックに行くのをオススメします◎
    
因みに…日本においての「永久脱毛」とは「永遠に毛が生えない」という意味ではありません。
永久脱毛と言える条件は「レーザーを3回照射後、6ヶ月経過した時点で、67%以上の毛が減っている状態」となっていますのでお間違いなく!
要するにですね、医療脱毛をしたらムダ毛の悩みから一生解放されるよ~とは誰も保証していないのが現状なのです。
永久脱毛の本当の意味を知って理解した上で施術を行うようにしたいですね。
 

9、脱毛前後は日焼けができない

サロンでの脱毛でも、クリニックの脱毛でも、脱毛の前後は日焼けに注意が必要だと言われています。
これに関してはカウンセリングの時や契約の時に説明されます。

脱毛が気になるのは夏ですが、その夏に外出しても日焼けができないのはちょっと大変ですよね。

脱毛前後の日焼けがNGな理由として…

・日焼けをするとお肌全体が黒くなるのでメラニン色素が増えてしまい、レーザーが毛以外の部分にも反応して火傷などのトラブルが起きる可能性が高くなる
・日焼け後にレーザー脱毛をすると、施術中の痛みを強く感じるようになったり、毛嚢炎のリスクが高くなったり、脱毛の効果が薄くなったりする

…などがあります。
日焼けは脱毛との相性が悪いのですね。

解決策

どのくらい日焼けしていたら脱毛ができないのか?
その基準はカウンセリングをする際に相談して聞いておくのがベスト。
サロンやクリニックによっては「色素メーター」という機械を使って、どのくらい日焼けしているかを測定してから施術できるか判断するところもあります。
脱毛したい時は、日焼けをしないように十分に気を付けるべきなのです!
また、日焼けをしてしまったら、その後のアフターケアをしっかりとして、お肌が黒くならないようにしておきましょう。
冬など紫外線が少なくて長袖を着用するのが当たり前の季節なら、日焼けをそこまで意識することなく脱毛できそうですけどね。
でも脱毛は長期戦なので、365日、できるだけ季節関係なく日焼け対策は行っていたほうが安全でしょう◎

 

10、産毛への効果が怖い

脱毛業界では『脱毛は産毛への効果が低い』と言われています。
それに、産毛が脱毛の影響を受けて硬毛化や多毛化するケースも存在しています。
産毛をどうにかしたいと思っていても、それらのリスクが怖くて手が出せない人もいますよね?

解決策

怖がることなく産毛をしっかり脱毛したいなら、脱毛器や脱毛方法の選び方に注意が必要です。
サロンで使われている産毛脱毛に効果のあるものは…

・ハイパースキン脱毛
・SHR脱毛(蓄熱式脱毛)
・針脱毛(電気脱毛)

…などとなっています。
これらの備えがある脱毛サロンを選ぶようにすれば、産毛へのリスクが軽減されるでしょう。
>>産毛・白髪・剛毛でも脱毛可能なSHR脱毛専門サロン(ストラッシュ予定)

 

11、予約が取れないのが怖い

脱毛サロンでの脱毛が一般的になってきて、多くの人が利用している今、予約がなかなか取れないという不満の声も出てくるようになりました。
20年近く前の脱毛料金に比べると、今はお値段が半額以下にまで下がってきているので、お手軽で若い子にも大人気。
でも、脱毛は毛の生え変わる周期に合わせて予約を取って施術してもらわないと、せっかくの効果が台無しに…。
    
解決策
   
脱毛サロンの予約が取れないと困りますよね。
予約がなかなか取りにくい脱毛サロンの対処方法をいくつかご紹介します。

・ウェブサイトに1日に3度以上は予約状況をチェックしにいく
・その店舗は諦めて、他の支店を探してみる(チェーン店の場合)
・どうしても予約が取れない時は、キャンセルを狙って、当日になってから脱毛サロンに電話をしてみる

このような方法で予約を上手く取ってみましょう◎
当日になってから脱毛サロンに電話をする方法は最終手段として使って、できるだけこまめにウェブサイトに予約状況を確認しに行くのがオススメです。

近年は、この予約の取れなさを解消する対策が各サロンで行われています。
特に大手の脱毛サロンでスムーズな予約完了システムを導入しているので、それほど問題にはならないかもですね。

筆者の経験上は、土日ばかりを狙わないで平日の仕事終わりなどがおすすめです。

 

12、脇脱毛でニオイがきつくなることが怖い

これもよく耳にする脱毛あるあるですよね。
セルフケアでも『抜くとニオイがきつくなる』とか『カミソリで剃ったらニオイの原因になる』とか色々都市伝説的になっています。
実際、レーザー脱毛をしてからニオイが気になるようになった…という人はかなり多いようです。
この原因として考えられるのは…

・レーザー脱毛後に汗を多くかくようになったから
・脱毛により残存した毛穴に、皮脂やアカが溜まって、それが酸化したから
   
…この2つです。

一般的に、脱毛をしてニオイそのものが強くなることはまずありません。
上記のように、汗の量が増えたり、ニオイのもとが酸化することが原因なのです。

一説では、脱毛後に汗が増える理由として「脱毛行為がエクリン腺の発汗刺激になるから」という推察もあります。
ですがこれも一時的なものだと考えられていて、恒常的な多汗症になるわけではないとみられています。

解決策

もし脱毛後にニオイが気になるようなら以下の対策をしてみて下さい。

・汗の場合
しっかりとしたデオドラントケアをしよう。
汗をかきやすい場所は常に清潔を心がけ、衣類や下着は通気性の良いものを身につけるようにしましょう。

・皮脂やアカの場合
ニオイが気になる時は、皮脂やアカをしっかり落とすケアをしよう。
身体を洗う時はきめ細かい泡を作って、ニオイが気になる部分を優しく丁寧に洗いましょう。
また、脂質の多い食事を控えて、皮脂の分泌量を抑える効果のあるビタミンCを含む食品を食べるようにしましょう。

 


 

いかがでしたか?

これらを参考にして脱毛についてしまった「怖い」というイメージを緩和してみましょう。
それでも気になるようでしたら、一度脱毛サロンに直接相談しに行って、プロの意見を聞いてから契約するかどうかを決めるのも有りでしょう◎

無料カウンセリングは、ほとんどのサロンで受け付けていますし、勧誘なしを掲げているところも増えています。

決して安くないお金がかかるし、長期間通い続けることになったりするので、よく考えてから決めても遅くないですね。

では最後は、脱毛サロンのクーリングオフ制度について覗いて終わりにしましょう。

脱毛サロンのクーリングオフ制度~申請の流れ


クーリングオフ制度とは、一定期間内であれば消費者が契約を解除できる、という消費者向けの制度のこと。
断りきれなくて脱毛の契約をしてしまったけど、やっぱり解約したいな
契約したけど、もう一度よく考えてみたらこれは高額過ぎる…支払えそうもないから解約したい
このような場面はよくありますよね?

脱毛の場合はどういった時にクーリングオフ制度が適応されるのでしょうか?

※考える時間を与えられずに契約を結ばされた(結んでしまった)場合
※電話や訪問によって契約したり商品を推し進められる形で購入してしまった場合

 

上記の場合、消費者は冷静さを失っている場合が多いです。
十分な情報もなく、考える時間もなく、流れに乗せられた感じで契約を結んでしまうと損しかありません。

クーリングオフ制度は、本契約までに数日間の猶予期間を設けることで、しっかり考える時間を与える制度。
取引内容によってクーリングオフ制度の適用される日数は異なってくるので注意が必要です。

脱毛サロンでのクーリングオフ

では、脱毛の契約の場合はどうでしょうか?

 

もちろん脱毛にもクーリングオフ制度は適用されます。
これは「特定継続的役務提供」と呼ばれる分野で、クーリングオフ期間は「8日間」に設定されています。

ただし、契約内容によってはクーリングオフ制度が適用されないケースもあるますので要注意。

脱毛サロンでクーリングオフ制度が適用される条件は…

・契約期間が1ヶ月以上の場合
・契約してから8日以内の場合
・契約した金額が5万円以上の場合

…となっていますので、この条件に当てはまるかどうか確認してみて下さい。

 

上記の条件に当てはまり、脱毛の契約をクーリングオフしたい時は、クーリングオフを申し込む書類が必要となります。

脱毛契約の8日以内(期間内)に、ハガキにて申し込みましょう。

この時、クレジットカード払いを設定している場合は、クレジットカードの会社と販売会社(脱毛サロン)の両方に送る必要があります。
その場合はハガキを2枚用意しましょう。

書類(ハガキ)に書くこと

・契約した日
・販売会社(脱毛サロン)の情報として、店名、住所、電話番号
・契約内容やサービス名
・契約金
・自分の情報として、名前、住所、電話番号
・返金してほしい振込口座の情報
・契約解除の旨

これらが記入できたら、送る前にトラブル防止作戦として、書類(ハガキ)の裏表の両面をコピーして手元に取っておきましょう!

そして、発信日を明確にさせるために、郵便局の「特定記録郵便」や「簡易書留」「書留」「内容証明」などを利用して送りましょう。

書類(ハガキ)に不備があった場合は通知が来るので、早め早めの対処をして期間である8日以内を厳守するようにしましょうね。

クーリングオフが認められても、料金の変換の早さや期間などは各脱毛サロンによって対応が異なります。
ある程度の時間がかかることも十分に予想されますので、そのつもりでいて下さい。

目安としては、早くて2週間前後、遅くても1~2ヶ月以内には対応してくれます。

 

詳しいことが知りたい場合は「消費者生活センター」にお問い合わせしてご相談を!!
消費者生活センターは全国にあります。
【消費者ホットライン】
188

188でつながらない場合
【消費者ホットライン平日バックアップライン】
03-3446-1623

国民生活センターHP

脱毛サロンで契約をする際には、慌てず焦らず、慎重によく考えてからにするのが基本です◎
先程も言いましたが、脱毛サロン側とお客様は対等な立場…おくすることはないのです!
疑問点が理解できるまで何回でもずけずけ聞いて良いのですよ。
だって、できることならクーリングオフなんて不安で面倒くさいことしたくないですもんね。

脱毛サロンが怖い12コの理由と安心な解決策まとめ

アニメや漫画のようなムダ毛のないつるつるボディーは女性の憧れです。
脱毛サロンを利用したい…でも色んなことが不安で怖い…そんな人の参考にこの記事がなっていれば幸いです。

今回は「脱毛サロンが怖い理由と解決策」というタイトルで記事を書いてきました。

脱毛サロンに関する怖さを少しは解決できましたか?

脱毛サロンは自分への投資、自分磨きです。
マイナスイメージの理由を理解して、それに対して自分なりに向き合ってみましょう。

怖いのは想像の範囲だからです。
脱毛サロン業界は大きくなって健全化されています。
キチンと向き合ってみると安心できることも多いのであきらめないでくださいね。

どんなものにもメリットがあればデメリットもあることをお忘れなく。
どうしても気になるなら、脱毛サロンに直接聞きに行って相談してみるのも良いでしょう◎

脱毛サロンと上手に付き合って、ムダ毛に悩まない自分を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 - 脱毛サロン