30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

オリーブオイルは太らない!イタリア人が太らない理由は、このオリーブオイル料理の効果!

      2018/03/01

オリーブオイルは太らないと言われています。

最近はテレビや美容雑誌などの影響で
オリーブオイルは健康増進・美容・ダイエットに役立つものとして、注目を集めるようになりました。

ただし、オリーブオイルにも種類と質があります。

油はオリーブオイルに限らず種類と質によって期待できる効果には違いがあるため、どのような目的でどの種類の、どの質のオリーブオイルを使うのかを選ばなくてはなりません。

適切なオリーブオイルを使うことで、
健康増進・美容効果・ダイエット効果を図ることがスムーズになります。

逆にいえば、オリーブオイルの選び方を間違えてしまうと効果が半減する可能性もあることになります。

スポンサーリンク






>>【髪のうねり】が酷い40歳がミューノアージュスカルプシャンプー使ってみた結果発表!!

そもそもオリーブオイルとは?効果は?危険性は?

油の中でも、特に摂取しやすく抗酸化作用が高いのがオリーブオイルです。

オリーブオイルの名称は知っていても、詳しいことは分からないという人が多いので、ここでオリーブオイルの歴史を説明しましょう!

きちんと歴史的な経緯が分かると、どのように使うのかが効果的なのかも分かりやすくなり、効果を高めることにつながるのです。

オリーブオイルの起源は、8000年近くも昔にさかのぼります。

オリーブは地中海の沿岸を中心に自生していたため、地中海に面しているイタリア・スペインなどの地域で使われてきたのです。とりわけ消費量が多いのはギリシアです。

長年にわたって使われ続けてきたのには、当然ながら理由があります。

オリーブオイルには、さまざまな効果が期待できるのです。

 

オリーブオイルを使うことで期待できる効果の最たるものは、やはり抗酸化作用です。

酸化を防ぎ、体がさびつかないようにすることが期待できます。

また、抗酸化作用だけにとどまらず、体内に浸透しやすく、保湿の効果も得やすいところが魅力です。美容・健康を意識している人にとって、欠かすことができません。

万能オリーブオイルにもデメリットがある

ただし、そんな万能なオリーブオイルでも
やみくもに使うのは禁物です。

いくら健康によいオリーブオイルにも、注意するべき点があります。

もちろん、毒物とは異なるものなので、神経質になる必要はありません。

適切な量を守り、上手に使うことが大切なのです。使いすぎなければ、大きな危険にはつながりません。

 

オリーブオイルの危険性として挙げられるのは、下痢になってしまう可能性がある点です。

多量のオリーブオイルが胃腸を刺激した結果、下痢になるということなので、少量なら心配ありません。

オリーブオイルには、オレイン酸やオレオカンタールが含まれています。

オレイン酸の効果とは、体内の悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化の予防につながることです。

 

抗酸化作用には、このオレイン酸が関わっています。

また、オレオカンタールの効果とは、主に抗炎症作用と抗酸化作用です。

オレイン酸とオレオカンタールの相乗効果で、体内の酸化が起こりにくくなります。

便通がスムーズになった結果、その摂取量が多いとスムーズになりすぎてしまうイメージで良いかと思います。

オリーブオイルは太らないのは嘘?本当?理由は?

ここでは筆者自身がオリーブオイルを使った経験から解説したいと思います。

オリーブオイルを使ったダイエットは効果があるぞ!
反対にそれは嘘だ!という意見もあります。

どちらが本当なのか気になるところですが、私が使った限りでは、「正しく使えば痩せる」ということになりました。

 

ここで油を食べているのになぜ太らないのかという疑問が浮かぶでしょう。

そして多くの人はオリーブオイルを使っても痩せるどころか、太ってしまっているようですから無理もないです。

実は私も、最初はネットなどに書かれているように体重が増えてしまいました。

その理由は単純で、オリーブオイルでパスタを炒めて食べていたからです。

オリーブオイルは普通の油とカロリーがほとんど変わらないですし、おまけに炭水化物を摂取しています。

むしろこれで太らない方が不思議です。

それなのに、なぜダイエットができるという話が出るのかというと、料理に使うのではないのです。

オリーブオイルの場合、ダイエットしたいなら適量を飲むというのが正しいやり方です。

すると脂肪の吸収が抑えられるため、今まで通りの食事をしても摂取するカロリーが抑えられます。その結果、体重が落ちていくというわけです。

ただ、私は何でもやり過ぎてしまう性格です。

早く結果を出したい一心で、一日にコップ一杯分を何回かに分けて飲んでいました。

これもパスタに混ぜた時と同様に、カロリーオーバーのため太ってしまったのです。

加えて胸焼けがするので明らかに失敗でした。

スプーン一杯分が適量で、多くても二杯までを限度にしておくのが良いです。

そしてこれも重要なのですが、食事の後に飲んでもあまり効果はなかったです。

私が試した中でベストなタイミングは、食事をする一時間か遅くても三十分前には飲んでおきたいです。コーヒーや緑茶を飲んでしまうのも、胃の中で薄まってしまう感じがします。

さらにこのダイエット方法は、多少の根気が必要です。

始めてから一ヶ月は体重に変化はありませんでした。

ただし、それでも継続できた理由は、便秘がちだったのが改善されたからです。

毎回數十分はトイレで座っていなければいけなかったのが、五分ほどで済むようになりました。油に包まれているせいか、無理して下腹に力を入れなくても出てきます。

余計なものを排泄できているおかけで、ニキビなどの肌荒れも気にならなくなりました。

乾燥して粉をふくほどだったのに、それもマシになるなど、良いことが多いです。もちろん数ヶ月後には、じわじわと体重が落ちていきました。

オリーブオイルでは急激に体重が落ちることはないです。
じわじわ落ちてゆくので健康的にしっかり痩せたい人向けですね。


スポンサーリンク





【AD】

脱毛3年連続、医療関係者が選ぶ脱毛サロン1位
↓↓↓
http://stlassh.com/


>>そして取材に行ってきました!



>>抜け毛に40才から【女性用】イクモアをを飲んでみた!!

 

いろいろとオリーブオイルを試してみましたが個人的に良かったのは
以下のオリーブオイルネット販売店でした。

特に「オリーブハート」は種類を季節ごとに試せて楽しかったです。

余ったオリーブオイルはお友達にプレゼントしていました。

でも、質で選ぶならやっぱり「フシコス」だと思います。
ご参考までに

・オリーブハート【公式ホームページ】
>>https://www.sukoyaka.co.jp/

・フシコス【公式ホームページ】
>>https://phusikos.jp/

イタリア人が太らないのはオリーブオイルが理由?カロリーの意外な事実

イタリア料理ではふんだんに使われ
毎日オリーブオイルをたくさん摂取しているのにスレンダーな体型の方が多い。
オリーブオイルはカロリーが低いのか、何か特別な効果があるのか、気になりますよね?

オリーブオイルは既によく知られている通り、オリーブの実から精製されます。

オリーブの木は紀元前から栽培されてきたとされている程人類の歴史と密接に結びついている植物ですが、最近では日本国内でオリーブの木を栽培し、国産のオリーブオイルを生産している自治体も増えてきています。

 

それだけ長年に渡って人類の生活に密着してきたということは、それだけ私達の健康にとってプラスとなる食材になるからです。

オリーブオイルのカロリーですが
・小さじ1杯 約40カロリー
・大さじ1杯 約110カロリー

実はサラダ油・ごま油・ココナッツオイルなどと同じカロリーなのです。

カロリーの面だけに着目すると、他の油に比べてカロリーが著しく低いという訳ではありません。

 

しかし、オリーブオイルは健康効果が高いオイルであると様々な研究で分かってきています。

イタリア人が太らない理由も、オリーブオイルのカロリーそのものが原因ではなく、オリーブオイルの健康効果にその秘密があります。

オレイン酸の力で太らない?

オリーブオイルには、オレイン酸という栄養素を多く含んでいます。

実にその8割の栄養素がオレイン酸であるとされていますので、体に良い栄養素の固まりであることが分かるでしょう。

オレイン酸は悪玉コレステロールに効果があり、便秘にも効果が期待出来るとされています。

オリーブオイルが理由で、イタリアを始めとする地中海の国々では他の国に比べて心筋梗塞など悪玉コレステロールが引き起こす成人病が生活習慣病の発症率が低いと言われます。

健康的な生活を送れるからこそ、太りにくいとも言えます。

体がいつまでも健康であることは人生を豊かに過ごすためには必要な条件ですね。

また、便秘解消もダイエットには欠かせない要素です。

腸内環境を整えてあげることで、ぽっこりと下腹部が出てしまう体型を解消出来る可能性があります。

 

また、便秘は美肌の天敵です。

便秘を解消することで、お肌の吹き出物なども除々に改善していくことが期待できます。

また、毎日使用する油として使うからには、すぐに劣化しないかどうかも気になるところです。

オリーブオイルは酸化しにくいオイルであると知られていますので、毎日の料理で使用しても風味を保ったまま使用することができます。イタリア人の方が毎日飽きずに使っているオイルには、健康効果はもちろんのこと、味の面でも利点が多いことが分かります。

太らないオリーブオイル料理一覧

太らないオリーブオイル料理は以下の通りです。

もちろん食べ過ぎは禁物ですよ~

マリネチキンオリーブオイルかけ

マリネチキンオリーブオイルかけの作り方。

鶏肉にレモン汁に浸してから下ごしらえをしておきます。

レモン汁に浸してマリネにした鶏肉にオリーブオイルをかけましょう。

そして鶏肉をしっかりカリカリに焼きます。

オリーブオイルの種類は、ピュアオリーブオイルがおすすめです。

オリーブオイルパスタ

他の太らないオリーブオイル料理は、オリーブオイルパスタになります。

和風のパスタにすることによってカロリーも少なくて安心です。

まず、パスタをアルデンテにゆでましょう。パスタが茹で上がったら、切った春菊などの野菜とマッシュルームをいれます。

次にオリーブオイルと塩昆布を入れて混ぜましょう。最後ににんにくのすりおろしをいれたら出来上がりです。また、鷹の爪を入れるとピリッとした食感が味わえます。

雑煮のミネストローネ

少し変わったものでは、雑煮のミネストローネです。作り方は、鍋にオリーブオイル大さじ一杯とにんにくを入れて弱火でいためます。次に玉ねぎとにんにくと長ネギとキャベツを入れて塩で味付けしましょう。最後にトマトの水煮と水を入れて混ぜます。

火加減は中火です。沸騰したら弱火にしてにんじんが柔らかくなったら火を止め器にいれやわらかくしたもちを入れてオリーブオイルをかけて出来上がりになります。

オリーブオイルには、オレイン酸とオリオロペインが含まれています。

オレイン酸はコレステロールを下げる働きがあります。

オリオロペインはたんぱく質を導くものでたんぱく質によって体内にたまった脂肪をエネルギーに変えます。

1番簡単に済ますのには、直接オリーブオイルをのむことです。

道具や材料をそろえなくてもよいので、気軽にできます。

この時、エクストラヴァージンオイルの生食用を選ぶようにしましょう。

オリーブオイルを直接飲むことに抵抗がある方にはオリーブオイルサプリもあります。

オススメなのは「オリーブジュースカプセル」です。

定期コースで安く申し込んでも1回で解約できるので試しやすいです。

私は外出用に1袋だけもっています。

 

 - 髪に良い食べ物