30代女性の髪の悩みQ&Aメディア|髪Q

30代女性の髪のお悩み解決!くせ毛・髪のパサツキ、ハネ、傷み対策

毛先のパサつき失敗と成功談~オイルトリートメント、日焼け止めを髪にも

      2017/04/18

ec31644def198d47dd24b7cdc2ce5d65_s
38歳 会社員

<毛先のパサつき失敗談>
毛先のパサつきが気になったので、オイルタイプの洗い流さないトリートメントを乾いた髪に直接つける。全体的につけてしまったため、トップのボリュームもなくなり、べたべたした髪を洗っていないような汚らしい感じに仕上がってしまった。

スポンサーリンク







「なんか最近、頭がくさいかも~」
「抜け毛が増えてるかも~」

って30代女性は読んでみてください。 ↓↓

>>頭がくさい30歳クセ毛独身女の抜け毛に【無料で6本まで試せる育毛剤】を使ってみた結果

 

それをごまかすためにゴムで結んだり、ヘアピンで留めてむりやりはずしたりした。

洗髪後、面倒なためドライヤーを使用せず自然乾燥だったのもパサつきを増進させた。

ヘアーアイロンを高熱で毛先までじっくりと使用してしまったのも良くなかった。

 

パサつきが気になるため、ヘアーアイロンで巻いてごまかしてスプレーなども頻繁に使った。

からまる髪の毛を無理やりクシでとかし、切れ毛や枝毛も増えてしまった。

更にツヤツヤに見せる為、縮毛矯正をかけた。毛先がチリチリになった。

表面上はさらさら・しっとりしているため、シャンプーして乾かすだけで、トリートメントやヘアケア剤も使用しなかったことから、特に毛先が針金のようにパサパサになってしまい、カットするしかなくなってしまった。

 

<毛先のパサつき成功談>
痛んでいる所を短くカットしたので、一念発起、きれいな髪を作ろうと考えた。

シャンプー後、週に1回以上トリートメントをし、ドライヤーでしっかりと乾かす前に毛先のみに洗い流さないトリートメントを毛先につける。

ドライヤーを近くにあてすぎないように気を付け、指やクシでゴシゴシと乾かさないように注意した。

最後に冷風をあて、頭皮を冷やし髪の毛だけでなく頭皮からの健康を考えた。

ヘアーアイロンを使用するときは、必ず専用のヘアケア剤を使用し、毛先まで巻かないように注意した。

 

夏場はスプレータイプの日焼け止めを、髪にも使用し、日光に当たるときは帽子や日傘で直射日光をさけた。

 

プールや海などに入った時には、少々値がはるトリートメント剤をドラッグストアで購入し、念入りにケアした。

 

こまめに毛先を切りそろえ、美容院でスチームをあてながらのトリートメントを2か月に1回してもらう。

 

食事にも気を付け、わかめやひじきなどの海藻類を積極的に取るようにした。

 

冬場の職場の暖房による乾燥も良くないので、肌の調子を整えるために購入したスチーマーを毛先のパサつくところに当ててみたら、思いのほか良かったので継続中。

 

ハードスプレーやワックスなどはあまり使用しないようにしている。

 

使ってしまった時には、まずぬるま湯でしっかりと洗い流してからノンシリコンのシャンプーをしている。
以前とは比べものにならないくらい綺麗な髪を維持できている。

 - ヘアケア体験談, 毛先パサつき , , , ,